戻る

Cyclon:未来にサブスクリプション

Cyclonは、あなたが知る持続可能性とパフォーマンスのすべてに挑戦を掲げるべく、ここへとやってきました。以前にもランニング革命を起こしたOnは、再び革命を起こします。今回は、あなたと一緒に。

 

Onは、冒険心を駆り立てる広大な山々と、そして無限に存在するトレイルを抱える雄大なスイスアルプスで生まれました。自然の中での冒険こそ、Onの根幹を成すもの。私たちは、この貴重な環境を保護するために、よりサステナブルな未来を築く技術革新に取り組んでいます。

 

「スイスアルプスで育つと、自然界に対し特別な感謝の気持ちが生まれます」。Onの共同創業者であるキャスパー・コペッティはそう言います。「自然は私たちにとってプレイフルな場所というだけではなく、インスピレーションの源、そして何よりも私たちの故郷です。だからこそ、私たちは常に自然を守りたいと思っています」

       

 

探検できる環境を守る

 

最初のステップは、着手すべき点がどこかを知ることでした。素材の製造プロセスで環境フットプリントは最大80%発生します。そのため、まず私たちはギアにリサイクル素材を増やすことに焦点を当てました。同時に、Onのすべてのシューズとアパレルからバージンプラスチックの使用を段階的に減らし、100%リサイクルポリエステルおよびポリアミドを使用するように取り組み始めました。

 

Onは2021年までに、すべてのシューズに50%以上、アパレルに30%以上のリサイクル素材を使用する予定です。

 

また、製造工程で発生する環境フットプリントの最大30%を占める染料の使用法を改善するために、新しい革新的なプロセスにも投資しています。素材の製法を改善することで、エネルギー消費量とCO2の排出量を大幅に削減できます。

 

このように、On は今、さまざまな持続可能性への取り組みを行っています。もちろん、Onのギアのパフォーマンス基準を最高レベルに保つことも忘れてはいません。私たちは、持続可能性とハイパフォーマンスは本質的に繋がっていると信じています。だからこそ、私たちは、より大きな問題から挑戦していくことにしました。 

 

もし100%リサイクル可能なランニングシューズができたら?そして、もし完全にリサイクル可能な、エリートレベルのパフォーマンスを備えた超軽量ランニングシューズができたら?

 

私たちが導き出した答えは、こうでした。「イエス。私たちならできる」。そうして実現することに成功したのです。

 

でも、私たちがそこで立ち止まってしまうことはありませんでした。私たちは、この産業が直面している最大の問題の一つもまた、解決したいと思ったのです。

     

 

別の運命

 

今日、ほとんどの製品にはリニアモデルが存在します。つまり、製造~使用~廃棄という直線的な流れです。そして生み出された製品が片道切符でごみになるとき、この地球には負荷がかかります。

 

それに対する私たちの解決策として、Cyclonが生まれました。

 

Cyclonは、持続可能性とパフォーマンスのすべてに挑戦を掲げるべく立ち上がったサブスクリプションサービスです。ハイパフォーマンスランニングシューズをエリート基準で開発し、これまでの中でも最軽量かつ最速のシューズの一つとしてCyclonを生み出しました。何よりこのシューズは、無限の循環型システムによるリサイクルが可能なのです。

 

私たちは、この循環型システムをバックループと呼んでいます。シューズを捨てる代わりに、私たちにシューズを返してください。先ほどのリニアモデルについて、覚えていますか?もし使い古されたシューズを新しい製品の原材料として100%リサイクルするのであれば、それはもう直線的ではなく、サステナブルな循環型になります。廃棄物の削減。化石燃料の削減――。

 

一つひとつのサイクルで、私たちは地球の資源を守ることができます。

 

このような一連のバックループサイクルを作り出すために、私たちはシューズの所有方法(むしろ所有しないということ)について考えを巡らせました。そうして、CyclonのランニングシューズCloudneoを、サブスクリプション方式でしか利用できないようにすると決めました。あなたがこのシューズで走り、それを返却する。私たちはその使い古されたランニングシューズを100%使用して、新しい製品を作り出す。もちろん、サブスクリプション加入者の手元には常にシューズがある状態を維持します。 

 

このようなバックループシステムによるランニングシューズのリサイクルを可能にするためには、比類のない品質の素材を見つけることが不可欠でした。そして私たちは、期待を上回る高性能な素材を2つ、見つけたのです。

 

 

トウゴマについて話をしましょう。 

 

ランニングシューズCloudneoに使われる主な素材は、植物由来のトウゴマから作られています。分かります。ランニングシューズでトウゴマなど思い浮かばなくて当然です。しかし、高度な合成プロセスによって、私たちはトウゴマから高性能のバイオベースポリマーを作り出すことができました。 

 

トウゴマを収穫し、加熱するとヒマシ油が抽出できます。このヒマシ油から11-アミノウンデカン酸が誘導され(もう少しお付き合いください)、それを原料に使用した縮重合によってPA11というバイオベースポリマーを作り出します。

 

PA11の特徴は、信じられないほどの耐久性とタフさを持ち合わせながらも、柔軟性に優れ、超軽量である点です。実のところPA11は既に、2016年からSpeedboard®に使用されています。Cloudboomのカーボン配合Speedboard®PA11のパワーで作られているのです。

 

このユニークな素材には、高性能なランニングシューズを開発するための、重要なすべての要素が含まれている上、100%リサイクル可能です。

 

しかし、PA11を選んだ理由は、その品質、性能、リサイクル性だけではありません。トウゴマを育て、それを収穫することは食物連鎖に競合しないことも確認しました。また私たちのイノベーションパートナー兼サプライヤーであるArkemaと協力して、責任ある素材調達に尽力しています。Arkemaはサステナブルな農業方式を実践し、認定された農家で、限られた土地を有効に活用する機会も創出しています。PA11の調達と生産は、その核心部分にまで責任を持って行われているのです。

     

 

革新的なブレイクスルー

 

画期的な素材の2つ目をご紹介します。

 

ランニングシューズCloudneoのソールは、トウゴマ由来のポリマーに非常に近い原料から作られています。それはポリアミド系熱可塑性エラストマー(TPE-A)と呼ばれるもので、一般的にはPebax®として知られています。

 

Pebax®は高性能なポリアミド化合物で、100%リサイクル可能です。また、他の多くのプラスチックに比べて最大20%まで軽量化されています。既にこの素材についてご存じの方も多いでしょう。これは、スキーブーツやヘルメットなど、プロテクションウェアを作る素材として、スポーツ業界では人気の高性能素材です。耐久性と弾力性に優れています。

 

この素材の性質を考えると、ソフトな軽いフォームを作り出すのは困難です。しかし、私たちはアスリート。挑戦することは大好きです。画期的なエンジニアリング手法を用いながら、Pebax®の力を利用して、超軽量でレスポンスに優れたフォームを作り出しました。 

 

高機能なPA11を採用したアッパー。Pebax®を使った、超軽量でパワフルなソール。その結果生み出されたのが、ランニングシューズCloudneoです。パイパフォーマンスを発揮し、100%リサイクル可能なエリート級のシューズです。すべての性能をどのように利用したか、詳しい内容については、技術プロフィール記事をご覧ください。

        

 

Cyclonは、持続可能性、パフォーマンス、またモノの所有について、私たちがこれまで考えてきたことに挑戦を掲げるサービスです。地球に良い影響を与えるために真の変化を起こすことは、私たちが協力し合って取り組まなければ達成できません。それはCyclonでも同じです。

 

あなたの協力があってこそ、私たちはCyclonを実現することができます。だからこそ今、このプロジェクトを立ち上げました。Cyclonができる限りサステナブルであるためには、誰がこのプロジェクトに参加しているのかを把握することが必要です。そうすることで、需要に基づいて生産計画を立て、廃棄物ゼロという目標に忠実に取り組むことができます。

 

Cyclonのサブスクリプションに参加することは、エリートレベルのランニングシューズをサブスクライブするだけに留まりません。よりサステナブルな未来に登録することでもあるのです。

Onのニュースレターに登録して、あなたのランニングにもっとインスピレーションを!


ニュースレターの購読にご登録いただくことにより、 Onのプライバシーポリシーに同意したものとみなされます。