戻る

Cyclon:循環型ライフサイクルとは何か?

今日の標準的なアパレル・フットウェア製品にある「製造~使用~廃棄」のライフサイクルは、過剰な廃棄物や環境汚染、CO2(二酸化炭素)排出量増加など、環境に多大な悪影響をもたらす原因となっています。それに対し、循環型はよりサステナブル。循環型ライフサイクルとは? Onがご説明します。

 

今こそ、製品の消費方法や所有方法を見直さなければいけません。今日、ほとんどの製品は直線型ライフサイクルによって成立しています。つまり、最終的にゴミ箱に行き着く「製造~使用~廃棄」のシステムが採用されています。アパレルやフットウェアの製造は地球に悪影響を及ぼす原因となっています。

 

エレン・マッカーサー財団の調査によると、衣類のおよそ73%は焼却されて埋立地に送られ、約12%は断熱製品に再利用されています。新しい衣類に再利用されているのは1~3%に過ぎません。

 

環境のサステナビリティ(持続可能性)とは、定義によると、 資源を利用して、永続的な損害を及ぼすことなく、それを持続的に使用することです。簡単に言えば、直線型ライフサイクルはサステナブルではありません。それに対して循環型は、製品の異なる運命を作り出します。発生する廃棄量をあらかじめ計画し、製品を再利用し続けることができるからです。

 

 

自然からインスピレーションを得るのが好きなOnは、循環型ライフサイクルも自然と同じだと考えています。自然のシステムは本来、循環的なもの。自然界ではすべてのものが、ほかの何かの栄養源になっているため、無駄は一つもありません。無限のサイクルの一部として製品を再利用・再生・リサイクルできれば、不可避なダメージを単に遅らせるのではなく、地球の有限の資源と調和しながら活動を続けていくことができます。

 

私たちは、循環型のシステムにこそシューズとアパレル生産の未来があると信じています。また、そうあるべきだと考えています。

 

この問題に対する画期的な解決策を見つけることができたのが、Cyclonの製品です。サステナブルなデザイン、生産、リサイクル、プロセスを一つの製品としてまとめ、また、非常に高品質な2つのパフォーマンス素材と、巧みなバックループシステムを採用し、Cloudneoという、無限循環型のリサイクルシステムを持ったランニングシューズを初めて作ることができました。それによるパフォーマンスの低下はありません。このシューズは、私たちが求める高い基準に応えた一足です。

 

 

テクノロジーの発展とグローバルな貿易により、さまざまな製品がこれまで以上に入手しやすくなりました。

 

世界規模の迅速な配送システムの発展や安価なファストファッションという選択肢の出現によって、衣類やフットウェアは次第に使い捨てと見なされるようになり、使わなくなれば捨てられてしまうという運命を辿るようになりました。

 

2018年に行われたCircular Fibers Initiativeの調査によると、衣類の利用率は15年間で36%も減少しました。その一方で、衣料品の生産は需要を満たすために倍増し、その勢いは衰えを見せません。また、毎秒約12~14トンの繊維製品が埋め立てられたり、燃やされたりしています。

 

これらの統計は不快ですが、私たちが直面すべき現実です。私たちは製品を廃棄すると、その先は自分たちの行動とは無関係だと思い、目を背けてしまいがちです。しかし、Onはアパレル・フットウェアブランドとしてこの現実にしっかりと目を向け、責任ある行動を取っていきます。

 

 

循環性は、廃棄物を減らすだけでなく、生物多様性の損失、汚染、CO2削減など、地球が直面する幅広い課題にも対応します。

 

私たちの目指すサステナビリティの柱の1つは、CO2排出量の削減です。行動に移されない言葉はただの言葉。OnはScienceBasedTargetsに参加し、世界の平均気温の上昇を産業革命前の水準より1.5℃に抑えることができるレベルまで、CO2排出量を削減する取り組みに貢献すると決めました。 

 

前出のエレン・マッカーサー財団による調査では、循環型経済がより促進されれば、ヨーロッパ・インド・中国の二酸化炭素排出量が2050年までに22~44%削減される可能性があるとされています。

 

 

寿命戦略

 

私たちが求める高いパフォーマンス基準を満たすだけでなく、サステナブルで効率的、かつ循環プロセスの一部として機能する、完全にリサイクル可能なランニングシューズを作り出すことは、決して簡単ではありませんでした。Onは効果的で影響力のある循環型プロセスを生み出すための基盤として、エレン・マッカーサー財団が提唱する循環型経済の3原則から主に2つを取り出し分析しました。

 

廃棄物と汚染を計画する

これは、製品を製造する前に、その製品のよりサステナブルな運命について考え、環境負荷を最小限に抑えることを意味します。そのため私たちは、CyclonのCloudneoランニングシューズを単一ユニットのアッパーで構成し、無駄な廃棄物を出さないようにしました。また、着色染料には環境に有害な化学物質が含まれていることから、染料や漂白剤を使わずに製造すると決めました。

 

製品や原料を使用し続ける

CyclonのCloudneoランニングシューズは、天然資源に由来するバイオベースの素材を組み合わせて設計されています。この2つの素材は非常に高品質で、機能性とデザイン性を失うことなく、無限のサイクルの一部としてリサイクルすることができます。これを可能にするために作り出されたのがサブスクリプションサービスです。廃棄物ゼロという目標を達成するために、すべての素材を確実に回収するための方法です。

 

「サブスクリプションモデルは、循環型ライフサイクルを完全に機能させるための鍵となります」。イノベーション事業戦略責任者のフロンソワ・グザヴィエ・ドーヌはそう話します。「これは、シューズが確実に返却され、可能な限り効果的にリサイクルされ、素材が100%再利用されるようにするために私たちが編み出した方法なのです」

 

 

循環型ループのしくみ 

 

設計

まずは、無限ループの一部として、リサイクル可能、かつパフォーマンス・品質・デザインの面でOnの高い期待値に応えられる製品を設計することから始めます。

 

製造

バイオ由来のリサイクル可能な素材と高度なエンジニアリング手法で、ランニングシューズを製造します。 

 

流通

配送は、シューズの製造中に発生するCO2総排出量の2~5%を占めます。このプロセスを可能な限りサステナブルにするために、私たちは最小需要量を満たす地域にのみ発送します。 中途半端に製品を詰めたコンテナは使用しません。

 

使用

利用者のみなさんの手元にシューズが届きます。完全にリサイクル可能な超軽量の高性能ランニングシューズで走るのがどのようなものかをここで体験します。通常のライフサイクルでは、ここが最終地点となります。でも、Cyclonは違います。 

 

回収

高機能ポリアミドのような先端材料のリサイクルは複雑になり得ますが、適切な設備があれば可能です。こちらから新しいシューズを発送した際に、使用済みのシューズを同じ箱に入れて返品していただきます。後はこちらにお任せください。

 

リサイクル

シューズが返却されたら、それを粉砕し、溶かして、材料を100%再利用します。そして、その繰り返しです。

 

また、繰り返しによって、各サイクルで徐々に使用されるバージン素材を減らし、地球資源の保護に取り組んでいきます。

 

 

今日、循環型でより多くの責任を負い、真にサステナブルな未来を考えることが、製造者側に求められています。Cyclonは廃棄量を計画し、素材を有効に利用し続けるための最初の一歩なのです。

 

入手するには?

 

完全にリサイクル可能な初のランニングシューズCloudneo。最初の1足は、2022年夏のお届けを予定しています。このシューズを可能な限りサステナブルな規模で生産できるようにするためには、需要を理解する必要があります。既にサブスクリプションサービスを開始しているのはそのためです。Cyclonは先着順ですので、ご登録が早ければ早いほど、シューズを入手できる可能性が高くなります。

 

また、Cloudneoランニングシューズは、リサイクル可能というだけではありません。非常に高性能なシューズでもあります。それに加え、私たちがこれまでにデザインした中で最も軽量なシューズになる予定です。パワフルで動きやすいこのシューズは、エリートレベルの大会でも優れたパフォーマンスを発揮できるよう設計されています。

 

詳細は以下の記事をご覧ください。

 

This is the Cloudneo.
決してあなたのものにはならないランニングシューズです。
シューズを見る

Onのニュースレターに登録して、あなたのランニングにもっとインスピレーションを!


ニュースレターの購読にご登録いただくことにより、 Onのプライバシーポリシーに同意したものとみなされます。