戻る

世界が知らない駅伝 ~長距離リレーとサムライ精神

沿道やテレビで数千万人もの観戦者を集める長距離リレー「駅伝競争」は、日本で最も名高いスポーツ大会です。にもかかわらず、海外ではほとんど知られていません。そこで今回は、世界のランナーに知ってもらいたい駅伝の魅力をお伝えします。

 

駅伝のようなレース形式は他にはありません。各区間の地形や距離はさまざまで、単に個人のスピードだけでは勝てません。むしろ、それぞれ異なる強みを持った選手が、適切な区間を走り、適切なタイミングでたすきをつなぐことが勝利を導きます。駅伝とは単にレースの形式を指すのではなく、全選手が共通の目的に向かって力を合わせることであり、そこには団結心や人間の精神が類まれな形で表われます。

 

受け継がれる伝統

 

日本で駅伝が誕生したのは、マラソンが人気スポーツになるずっと前、今から100年以上前のことです。駅伝の登場で、長距離走という孤独なスポーツが手に汗握るチーム対抗のリレー競技へと変わりました。駅伝選手は世間から注目され、全国の子供たちにとって憧れの存在になりました。

 

駅伝という名称は、古代日本で使者と馬が中継所をつないで中央の文書を送り届けた「駅制」が由来とされます。

 

駅伝は、最初の大会からかなりの注目を集めました。初の駅伝は1917年4月27日の「東京奠都(てんと)五十年奉祝東海道五十三次駅伝競走」です。日本の都が東京に移されてから50周年を記念して開かれたイベントの協賛事業で、読売新聞社が企画しました。奠都の際に天皇が行幸された東海道の道筋をたどるという狙いで、京都から東京間の約508 kmを、関東チームと関西チームが競いました。

 

 

大会の舞台は、東海道五十三次沿いに作られた新しい道路でした。大会には古い日本と新しい日本の融合というメッセージが込められていました。そして、チームが新しい道路を速く走ることで、インフラ整備が進んでいることをアピールする狙いもありました。しかし、いくら足の速い選手たちが出したタイムでも、508 kmを走破するのにかかったタイムは一般人の感覚にはまだ長く感じられるものでした。勝利した関東チームのタイムは41時間44分。こうして、駅伝は一気に注目を集めてスタートしました。そして、最初のレースを走り切った2チームと同じように、長い道のりを歩み出したのです。

 

駅伝大会は現在、日本全国で開催されています。しかも、参加チームは508 km も走る必要はありません。通常は1チーム6人でフルマラソンと同じ42.195 kmを走ります。各区間の距離は通常5~10 kmです。駅伝はエリート主義のスポーツではなく、小さな子供からお年寄りまで、あらゆる年齢と能力に合わせたレースが企画されています。

 

大衆の心をつかむ魅力

 

では、駅伝の魅力とは何でしょうか?多くの人はチームの団結心にが惹かれています。たすきが選手から選手へと渡されるたびに、レース全体の流れが変わり、ドラマが生まれる可能性があります。

 

そのため駅伝は見る側からしたらとても面白いものです。ですが、実際に走る選手たちはどういう気持ちでレースに臨むのでしょうか?そこで、横浜を拠点に活動する新進気鋭の明治学院大学駅伝チーム(写真)を訪ね、選手の視点からみた駅伝について聞いてみました。

 

取材を通して分かったのは、「駅伝は、日本文化が重んじる価値観を称えるレース」ということです。

 

「駅伝、つまり長距離リレーが生まれた理由は、日本がチームワークを極めて重要と考える国だからだと思います。全員が協力しないと、駅伝は成立しませんから」

明治学院大学駅伝チーム、佐藤大輔選手

 

駅伝では、後れを取っていたチームでも、絶好調のスター選手にたすきが渡った途端に形勢が逆転し、勝利するということが大いにあります。また、大きくリードしていた選手が(転倒などで)失速したことで、新たな勝負が始まることもあります。駅伝では、選手が変わるたびに波乱が起きる可能性があるのです。

 

 

さらに、日本で伝統的に重んじられる「チームワーク」「道義心」「チームの利益」が加わることで、駅伝は実にユニークな競技になっています。

 

「一般的に陸上競技はとにかく個人主義で、自己ベストの向上を目指すものです。しかし駅伝の目的は、各選手がチームのために走らなければいけないところにあります。ここから、本当の連帯感が生まれます」

明治学院大学駅伝チーム、千葉廉也選手

 

地上最高のレース?

 

素晴らしい駅伝の最たるものが、毎年1月2日から3日に開催される箱根駅伝です。関東学生陸上競技連盟加盟大学のうち、前年大会でシード権を獲得した上位10校と、10月の予選会を通過した10校、それに関東学生連合の1チームを加えた21チームが出場。総合優勝を目指し、10人のメンバーで構成された各チームが競います。

 

箱根駅伝は1920年、金栗四三(かなくりしそう)氏の呼びかけを機に創設されました。金栗氏は、1917年に開催された最初の駅伝に出走した選手でした。同氏が箱根駅伝を実現させるまでの物語はとてもユニークなので、ぜひここで簡単に触れておきたいと思います。同氏は1912年のストックホルム五輪にマラソン代表として出場しましたが、レースは計画通りにはいきませんでした。

 

日本から船とシベリア鉄道を乗り継ぎ、18日間かけてスウェーデンに行くという過酷な旅で、到着した時、金栗氏は疲れ切っていました。地元の食事が口に合わなかったほか、レース当日はまれな暑さに見舞われるなど、受難が続きました。

 

レース当日、金栗氏は約27 km付近で熱中症で意識を失いました。近くの農民に助けられ、目を覚ました時はすでに翌朝になっており、レースは終了していました。

 

 

完走できなかったことを恥じた金栗氏は、大会関係者に何も告げずに帰国しました。その後、金栗氏の帰国を職員が気付くまでの50年間、同氏はスウェーデンで行方不明として扱われていました。しかし、行方不明のランナーを追跡していたスウェーデンのテレビ局が1967年、金栗氏の居場所を突き止めました。そしてレースを終える気がないかと打診し、同氏をストックホルムに招待しました。こうして再びスウェーデンを訪れた同氏は、548カ月65時間3220.3秒でゴール。世界で最も遅いマラソン記録となりました。

 

当時についてジャパン・タイムズ紙に聞かれた金栗氏は、こう答えています。「長い道のりでした。この間に結婚し、子ども6人、孫10人をもうけました」

 

金栗氏はストックホルム五輪の後、1920年のアントワープ五輪と、1924年のパリ五輪に出場(スウェーデン当局はこの事実に気付かなかったようです)しています。ですが、同氏の最大の功績は何より、箱根駅伝の創設に尽力したことでしょう。この駅伝は、テレビ観戦者数が最大6500万人(!)にも達する、地上最高のレースと言っても過言ではありません。

  

箱根駅伝は、東京都心の雑踏からスタートし、絵のように美しい自然が広がる富士山へと向かい、翌日再び東京に戻るレースです。総走行距離は200 kmを超え、1区間は約20 km。そして、選手たちの走りがとにかく速いのです。出場する学生の大半が、世界のハーフマラソン大会優勝者と同等のタイムを出しています。

 

サムライ精神

 

駅伝の精神が最も顕著に表れる大会が、箱根駅伝かもしれません。選手たちがチームのために全力を尽くしていることが、はた目から見ても分かります。そのため、テレビ番組としては非常に面白い内容になっていますが、奥はもっと深いのです。明治学院大学の選手たちがよく口にしていたことですが、この精神は駅伝のDNAであるだけでなく、日本社会における重要な価値観でもあるのです。

  

 

金栗氏は道義心からスウェーデンを無言で去りましたが、駅伝選手も同じような道義心を抱き、チームを落胆させないよう全力を尽くします。スポーツに詳しい大平章氏は、駅伝は最初から日本社会の価値観と密接に結びついていたと、研究論文「The Sociological Analysis of Ekiden, Japan’s Long-Distance Relay Road Race(日本の長距離リレー・ロードレース、駅伝の社会学的分析)」で説明しています。

 

「駅伝の初期の発展を振り返ると、主催者側もまた、新たな日本の政治に懸念を抱いていたのが分かります」

 

「そのため駅伝では、個人の肉体的努力にチームワークと献身を結びつけることが重視されたと言えます。また、日本の指導者たちは、まさにこうした価値観を若者に学ばせ、尊重させようとしていました」(大平氏)

 

明治学院大学の選手の話を聞くと、駅伝には今も初期と同様の精神が根付いていることが分かります。

 

「いくら故障していても、いくらコンディションが悪くても、絶対にトレーニングは休みません。練習は必ずします。自分を犠牲にしても、チームに貢献することが自分にとって重要だからです」

明治学院大学駅伝チーム、佐藤大輔選手

 

個人と団体のレースを融合させたユニークな駅伝を、外国のアスリートが見たらどう思うでしょうか。ここで、中長距離のエリートランナーを多く輩出するケニアから日本にやって来たある15歳の少年の話をしましょう。

  

 

サイラス・ジュイ選手は2001年、スポーツ奨学金を得て来日しました。「日本で駅伝は重要です。すべてのランナーにとって何よりも大事で、これに匹敵するものは他にありません。初めて参加した駅伝は、青森県から東京都まで走る青東駅伝(東日本縦断駅伝)でした。完走するのにほぼ3日かかったんですよ!」

 

それでも、長距離走とチームワークというユニークな組み合わせに、ジュイ選手は魅了されました。「ケニアでもリレーはしましたが、こんな感じではありませんでした。たった4人で4マイル(約6.4キロ)です。しかし駅伝では少なくとも1チームに6人います。しかも各選手にはそれぞれ異なる戦略、得意分野、パワーがあります」

 

ジュイ選手は、この「人と能力のコンビネーション」が駅伝の魅力だと考えます。「ある選手が遅くても、速い選手にとってはそれが遅れを挽回するモチベーションになります。『自分はベストを尽くせなかった。でも君には頑張ってほしい。自分が遅れた分を取り戻してほしい』というような応援や励まし、チームワークの良さにすごく励まされました。本当に素晴らしいモチベーションになります」

 

 

ジュイ選手には、こうした態度はすべて日本人の気質や、サムライ精神の一部を表しているように思えます。「日本の選手は絶対に希望を失うことはありません。たとえ痛みを感じていても、たとえ負けたとしてもです。ただ前に進み続けるんです。彼らからこの精神を学んでからというもの、一度もそれを忘れたことはありません」

 

世界で駅伝が普及し始めていますが、こうした形式のレースは日本以外の地域ではまだ珍しいものです。それでも、駅伝から学べることはたくさんあります。自分のためだけでなく、チームのために自分の能力を発揮するとき、新たな希望と戦いが生まれるのです。

 

もし金栗氏が個人のマラソン選手ではなく、駅伝チームのメンバーだったら、ストックホルムで完走していたでしょうか?今となっては知るすべもありません。ですが、このサムライ精神をもってすれば、もしかしたら…?

 

Cloudace
強豪の駅伝チームの選手が一丸となって特別な力を発揮するように、革新的なテクノロジーを組み合わせた次世代モデルのCloudaceは、あなただけのサポーターとして、妥協ゼロのパフォーマンスを最大限引き出します。
Cloudaceを見る
Weather Jacket
超軽量で全天候型のWeather Jacketは、レース当日はもちろん、たすきを待つ間にも使えるジャケットです。
超軽量ランニングジャケットを見る
Performance-T
超軽量で、通気性と速乾性に優れています。暑い日やレースの日に最適です。
超軽量ランニングTシャツを見る
Crew Neck
スイスの技術が生んだコットン製スウェットシャツは着心地の良さが抜群。ウォームアップや休憩時間、チームを応援するときなど、あらゆる場面で重宝します。
着心地抜群のスウェットシャツを見る
Lightweight Shorts
羽のように軽く、長距離でも快適な着心地をもたらすLightweight Shortsはスピードトレーニングにぴったり。スイスの技術が詰まったこのランニングショーツは、ずり上がったり、邪魔になったりすることはありません。
軽量ランニングショーツを見る
Onのニュースレターに登録して、あなたのランニングにもっとインスピレーションを!