戻る

あなたにぴったりのレーシングシューズを見つけよう

より遠く、より早く。これを目標に走り続けるランナーの鉄板シューズ、レーシングフラット。スピードアップを約束する、最速のランニングシューズです。ただし、万人を満足させられる訳ではありません。シューズにも相性があります。では、レーシングフラットとあなたの相性は?どのパートナーとなら2018年を最速の年に変えられるか、一緒にみていきましょう。

レーシングフラットとは?

 

レーシングフラットとは、シューズの重量とソールの構造を最小限に抑えたレース用のランニングシューズのこと。足裏と地面がダイレクトに接するように、ソールは意図的にフラットに設計されています。そのため、アーチサポートはなく、踵とつま先の高さはほぼ同じ。そしてクッション性は最小限。クッション性のあるシューズの誕生やジョギングブームが到来することなんて想像もつかなかった、祖父母世代のランナーたちは、このフラットなシューズでレースに挑んでいました。

 

その頃のレーシングフラットは靴下同然で、その軽いアッパー素材が、足の自由自在な動きと高い通気性を可能にしました。

 

それから研究と開発が重ねられ、現代ではトラックレースに限らず、あらゆるレースに対応する多種多様なレーシングフラットが数多く生産されるようになりました。では、どのレーシングフラットが自分には合ってるのか?いや、そもそも今必要としているのは、レーシングフラットなのか?レーシングフラットを選ぶ際のポイントをまとめてみました。

 

あなたはどのランナータイプに当てはまる?

 

トラックレーサー:多くのプロアスリートが好むトラックレース。向いているのは、スパイク付きのレーシングフラットです。スパイクがスタート時の力強い蹴り出しと、ラストスパートでの力強い押し出しをサポートします。ちなみに半世紀前は、スパイクに釘が使われていました。プロのトラックレースランナーは、走るために生きていると言っても過言ではありません。こうしたミニマリスト ランナー達が履くトラック用レーシングフラットは、トラック以外の場所を走るランナーや、安定性とクッション性のあるシューズでこれまで走ってきたランナーには向いていません。

 

ロードレーサー:ロードレースでもよく履かれているレーシングフラット。しかし、これまで本格的なレーシングフラットを履いて走ったことがないという方。まずは、硬い表面を走る際の特別な感覚に慣れるために、短距離で履くことをおすすめします。昔のランナーが、薄っぺらなソールのシューズで走っている姿を想像してみてください。ロードレースではスパイクは外されるので、地面と足裏を隔てるのは一枚の薄いソールだけです。つまり、素足に最も近い感覚というわけです。

 

トレイルレーサー:デコボコした、冒険に満ちた場所も最速で走れるシューズといえば、トレイル用ランニングフラット。少し前まで、トレイルを走る際には大きなブーツを履いていました。もちろん、水ぶくれは当たり前。しかし今では、進化したラバーとプロテクション機能を備えたソールのおかげで、レーシックフラットでも岩場を難なく走れるようになりました。現代のトレイルラン用のレーシングフラットは、アッパーとソールにプロテクション機能を備えつつも、フラット型ソールで地面に近い感覚はそのまま。

足のタイプ=ランニングフォーム

単刀直入に、レーシングフラットはスピードのみに特化したシューズです。履いている感覚を忘れ、全神経を走りに集中させられるよう、極限まで軽くなければいけません。しかし、レーシングフラットは、そもそもあなたの足に向いているのか?足の形状とランニングフォームから判断していきます。足裏のどの部分から着地するかわからないという場合は、お近くのOn販売店に相談ください。

 

  • フォアフットストライカー:前足部で着地するタイプ。レーシングフラットは、このタイプの足にぴったりです。最速ランナーの多くがフォアフット走法です。フォアフットストライカーのあなた、スピードはきっと体感済みのことでしょう。

 

  • ミッドフットストライカー:足裏全体で着地するタイプ。レーシングフラットは、このタイプの足にも向いています。スピードを味方にできる走法です。

 

  • ヒールストライカー:かかとで着地するタイプ。レーシングフラットはおすすめできません。レーシングフラット特有のダイレクトな着地が、足にダメージを与える可能性があります。まずは、上に挙げたクッション性のある三つのモデルからお試しください。

 

レーシングフラットとあなたの相性は? YesNo診断

 

クッション性は欠かせない

ノー、特に必要ない(レーシングフラットの世界へようこそ!)

イエス、必要(レーシングフラットは向いていません)

 

シューズにサポート力を求める

ノー、ファンのサポートだけで十分(レーシングフラットをお勧めします)

イエス、シューズにも走りをサポートしてほしい(レーシングフラットは向いていません)

 

重みがあると安心する

ノー、軽ければ軽い方がいい(レーシングフラットの強みです)

イエス、重い方がいい(レーシングフラットの強みではありません。おすすめしません)

 

ソックスは履く派?

ノー、素足でもいける(レーシングフラット向きの可能性高し)

イエス、イエス、イエス、素足は考えられない(レーシングフラットだと足がスースーすると思います)

 

シューズの寿命、伸ばせるだけ伸ばしたい

ノー、シューズが劣化した瞬間が寿命(レーシングフラット向きです)

イエス、自分が走り続ける限り、シューズの寿命はもってほしい(不向きです)

 

さあ、レーシングフラットとの縁があるとわかったあなた、次はタイプ別に将来のパートナーをみていきます。

ピュア派:Cloudflash
Onの中で、従来のランニングフラットに最も近いシューズ。最先端テクノロジーが、純粋にダイレクトな感覚と爆発的なスピードを実現。
シューズを見る
ロードランナー向け:Cloudrush
昔のレーシングフラットと同じく、靴下同然の薄さを誇るアッパー。そして、特殊ラバーでできたソールのクラウドパーツが、フラットなランニング感覚に少しだけクッション性を加えます。
シューズを見る
トレイルレーサー向け:Cloudventure Peak
レーシングフラットの持つスピードで山頂まで走り抜けられるのは、クラウドベンチャー ピークだけ。
シューズを見る

まだランニングシューズに迷っているあなた。こちらのシューズ診断にお進みください。簡単な質問に答えて、ぴったりの一足を見つけてください。

 

さらなるスピードとスリルを求めるあなた。Onのパフォーマンス ランニングギア、Tank-TPerformance-TRunning Shortsを身に付けて、究極に軽いラン感覚を初体験!

 

さあ、2018年が最速の年になるか否かは、あなた次第。