戻る

革命から進化へ:Cloudsurfer 6が新しく登場

庭にあるホースの切れ端から始まり、世界中のランナーの走り心地を再定義する存在へと上り詰めたCloudsurfer。その最新版として名も新たに登場した、パワーアップした走り心地が楽しめるCloudsurfer 6をご紹介します。

 

色々な意味で、Cloudsurfer 6の開発ストーリーはOnの誕生ストーリーとも言えます。Onのシューズを履いたことがある人なら、「雲の上の走り」がいかにユニークな走り心地かは理解できるはず。シューズがもたらすソフトな着地と、それに続く爆発的な蹴り出し。実はこれらはすべて、Cloudsurferから始まったのです。

 

2010年、デュアスロンの元世界チャンピオンで、アイアンマントライアスロンで何度も優勝経験を持つオリヴィエ・ベルンハルトは、新たなランニングセンセーションを生み出せないかと考えていました。オリヴィエが求めていたのは、地面に着地するときの衝撃を軽減しつつ、フィニッシュライン直前でライバルを追い抜くことができるような、ハードでスピーディーな動きを可能にする世界最高のシューズです。 

 

庭の物置小屋から世界へ

 

自分が探し求めるシューズが見つからなかったオリヴィエは、やがて自分でシューズを作ることを思い立ちます。オリヴィエは同じ考えを持ったスイス人エンジニアと協力し、庭にあったホースを短くカットして従来のレーシングフラットに接着。こうしてシューズの制作をスタートしました。まさにこれがCloudsurferの最初のプロトタイプが生まれた瞬間だということに、この時のオリヴィエはまだ気付いていませんでした。

 

しかしオリヴィエは、これこそがランニングにあるべき走り心地だということは確信していました。プロトタイプを試した人たちも同意見でした。そうしてプロトタイプはすぐさま、シンプルな手作りのシューズから、スイスの技術を使ったパフォーマンスモデルのシューズへと進化を遂げました。Cloudfsurfer、そしてOnが誕生した瞬間でした。

 

 

現在、Onの共同創立者で研究開発の責任者を務めるオリヴィエは、「Cloudsurferは私たちを一躍有名にしてくれた」と当時を振り返ります。「皆、初めこそ懐疑的でしたが、すぐにそれが、これまでランニング業界に欠けていた、真にユニークな技術と感覚を備えたものだということに気が付いたのです」

 

「登場から10年経った今でもこのシューズは売れ続けています。シューズへの愛を語るメッセージが世界中の人から届きます」

 

特別な履き心地 

 

第6世代となったCloudsurfer 6は新しく進化を遂げましたが、優れた快適性とスピードという開発当初からの基本理念には忠実であり続けています。同シューズは特にロードランでの遊び心に溢れた走り心地で知られていますが、このようなシューズの本質的な特徴や、ヒールから前足部への移行に重点を置いている点、積極的な加速を促せるようにする点などは、これまでと同様にすべて受け継がれています。

 

Cloudsurfer 6では、EVA製クッショニング、再設計したメッシュレイヤー、足を包み込むシュータンで快適性が向上し、究極の走り心地を実現しています。

 

 

よりソフトな着地

 

新しいCloudsurfer 6ではEVA製のクッショニングを増量し、ロードランニングで足が受ける衝撃をこれまで以上に和らげています。EVA製フォームはヒール部分にも追加し、硬い路面での蹴り出しの衝撃を和らげることで、アスファルト上でも快適に長時間走ることができるようになりました。Speedboard®と一緒にこのクッション層がかかとを持ち上げ、常に前に進んでいるような感覚をもたらします。テストランナーの1人はそれを「常に下り坂を走っているようだ」と表現しています。

 

 

 

 

より爆発的な蹴り出し

 

熟練のサーフボードシェイパーがボードを製作するのと同じように、OnのエンジニアはCloudsurfer 6のSpeedboard®の形の見直しを重ね、より爆発的な蹴り出しを実現できるようにしました。高剛性で薄型のこのプレートは高性能エラストマー製で、ミッドソールのすぐ下の、シューズの側面に沿って設置されています。これが衝撃エネルギーを前進運動に変え、一歩ごとに長弓のように発射します。

 

Speedboard®はより強い蹴り出しのために調整されている一方で、リバウンドラバー製のクラウドパーツはミッドソールの他の部分と連動して、一歩一歩踏み出すたびに、より反発性の良い、パワフルな蹴り出しを実現します。加速してペースを上げたいときに役立ちます。

 

スピーディーな走りでも快適性を実現

 

Cloudsurfer 6のアッパーは、エンジニアードメッシュと一体化したシュータンが足を包み込み、快適性を次のレベルに引き上げています。シュータンはグローブのようにフィットするよう足の甲を覆うかたちで設計されているため、足入れの快適性がアップしています。また、圧迫感を与えないように施されたシューレースは、足元にホールド感を与えると同時に、快適なフィット感をもたらします。

 

再生素材を80%使用したエンジニアードメッシュは部位ごとに構造を変えることで、ホールド感と通気性を両立させました。メッシュのパターンは、足の解剖学的構造と快適性を考慮した機能的な傾斜を取り入れています。広めに織られた前足部のメッシュは通気性と運動性を提供。一方、密に織られた甲の部分はランニング中に中足骨部分と中足部をしっかりと固定します。また、再設計された超軽量フォームは足を包み込むようなヒールカウンターを内蔵。運動中も優れたホールド感とサポート力を発揮します。

 

 

走りを楽しむ

 

すでに長くCloudsurferを愛用してきた世界中のランナーにとって、Cloudsurfer 6はより快適に、より速く、より楽しく走れるシューズです。また、On のシューズが初めての人にとっては、「雲の上の走り」を知ることができる究極のシューズと言えます。これまでにないほど進化を遂げたCloudsurfer 6。どんな人にも忘れられない走り心地を届けます。 

 

 

新型Cloudsurfer
ランニング革命を起こしたシューズで、トレーニングシューズの快適性と、レーシングフラットのスピードを体験。
シューズを見る