戻る

スイスのアルプスから東京のストリートへ

なぜCloud Hi Edgeがスニーカー界に革命を起こすのかーー。東京のatmos BLUE(アトモスブルー)表参道店ショップマネージャーのG-Kenさんがその理由を語りました。


これまでもOnシューズの魅力を存分に語ってきた、東京atmos(アトモス)の面々。ただCloud Hi Edgeこそが、彼らが一番に待ち望んでいたモデルでした。
 

 

Cloud Hi Edgeは2019年10月、東京で行われたatmos主催のスニーカーイベント「アトモスコン(atmos con)」で最初のカラーオプションとともに発表され、続く2020年の発売も告知されました。atmos BLUE表参道店ショップマネージャーのG-Kenさんが待ち望んでいたのは、まさにこのようなモデルシリーズの登場です

 


G-KenさんはOnが「一個レベルを上げる、ギアを上げる」ことに成功したと評価。「スイスの山から、ストリートの方に降りてきたって考えたらすごい」と話す。

 

「きっとスニーカーっていう未来を変えてくれるメーカーなんじゃないかなって本当に思います。もうスニーカー好きだったら、絶対に好きになるはず」
 

Cloud Hi Edge
素材とデザインを極限へと導くシューズ。スイスアルプスにインスピレーションを受けて生まれたシューズが、東京に居場所を見つけました。新カラー登場。
シューズを見る
Onのニュースレターに登録して、あなたのランニングにもっとインスピレーションを!