戻る

Off the beaten path:京都の外せない観光スポットTOP10

京都は、一度は訪れてみたい日本の都市の代表格です。大都市・東京に比べて規模は小さいものの、負けず劣らず魅力的な街です。何世紀も前に建立された歴史的建造物など、見る者を圧倒させる素晴らしいスポットが多く点在します。京都を熟知した日本のOnチームが、この古都の魅力をご紹介します。

 

京都と東京は名前の響きこそ似ているものの、全く違った魅力を持っています。東京は人口3700万人以上の大都市圏を形成する、輝かしいモダンなメガシティへと発展しましたが、京都は異なる歴史を刻んできました。街角の明るいネオンが印象的な東京とは対照的に、京都では世界の人が思い描くような、伝統的な日本を発見できます。今回は京都で見逃せないおすすめスポット、ランニングコース、アクティビティをご紹介します。 

 

鴨川

 

 

京都の市街地を北から南へとよどみなく流れる鴨川には、魅力があふれています。日中は地元の人々が穏やかな川岸で犬の散歩やランニング、ピクニックを楽しみ、日が暮れると、川岸に並ぶ多くのレストランはお腹をすかせた人たちでにぎわいます。レストランを訪れる人たちの目当ては食事だけではありません。情緒に包まれた雰囲気を楽しみながら、鴨川の川面に灯りが揺れる、風情ある景色を眺めるのもまた、楽しみの1つなのです。

 

Onチームのコメント:京都の町を20㎞以上流れる鴨川には、ゆっくりと落ち着いた雰囲気があります。川沿いのランニングは1年中楽しめます。 

  

清水寺

 

 

古くからある清水寺には、音羽の滝があります。3筋に分かれて流れる清水には健康と繁栄のご利益があると言われ、このうちのどれか1つを選んで口にすると良いとされます。ただし3つの清流をすべて飲むことは貪欲とされ、ご利益にあずかれないそうなのでご注意を。境内には、日本の歴史に深く根ざしたお堂や宗教的な文化財があります。 

 

Onチームのコメント:清水寺は780年に創建された日本で最も有名なお寺の1つです。清水寺まで続く清水坂の散歩をぜひ楽しんでください。 

 

京都御所

 

 

1868年に東京が日本の首都となる以前、京都御所は日本で最も重要な場所の1つでした。現在では、京都の豊かな歴史が感じられる場所となっています。周辺の公園や庭園には地元の人々が気分転換に訪れます。おすすめの時期は桜が開花する3月下旬から4月中旬。満開の桜は息を呑むような美しさです。

 

Onチームのコメント:京都御所は1331年に光厳天皇が即位し、1868年に明治天皇が東京に移転するまで皇室の住居として使われていました。幅約700m、長さ約1300mのほぼ長方形の形をしており、4kmの周回コースとしても便利です。 

 

伏見稲荷大社

 

 

伏見稲荷大社には驚くほど多くの鳥居があります。その理由は、会社が10年ごとに1つの鳥居を寄進すれば、今後10年間の商売繁盛が約束されるという言い伝えがあるためです。商売繁昌・五穀豊穣の神様を祀る伏見稲荷大社は今でも重要な意義があります。 

 

Onチームのコメント:京都府南部にある伏見稲荷大社は重要な神社です。本殿の裏には、何千もの朱色の鳥居が並ぶ道がいくつかあります。

 

比叡山

 

 

京都の北東部にそびえ立つこの山では、文化、歴史、自然豊かな様々なアクティビティが楽しめます。ハイキングや、ケーブルカーを利用して山を登ると、古くから続く延暦寺や素晴らしい歴史的建造物が見学できます。自然の中で気分転換したいという方は、色とりどりの花が咲き乱れるガーデンミュージアム比叡がおすすめです。

 

Onチームのコメント:ここからの眺めは素晴らしいので、訪れる価値ありです。東には日本最大の湖である琵琶湖、西には京都の古い街並みが望めます。 

 

桂川

 

 

まるでタイムトラベルをしたかのような体験ができるのが桂川です。船頭が竹竿1本で操る船に乗って、広大な桂川を進んでみましょう。運が良ければ、森林に覆われた山の中で、今も伝統的な漁法で魚を獲る地元の漁師の姿が見られます。 

 

Onチームのコメント:桂川は京都で最も大きな川の1つで、全長は114km。平安時代、天皇はこの川をよく訪れ、和やかな景色や川のせせらぎを満喫していました。昔は材木を運ぶ船で賑わっていたそうです。 

 

渡月橋

 

 

「月を渡る橋」という名の渡月橋は千年以上前に建設されました。洪水に何度も見舞われ、補修や修繕工事が何度も行われてきました。現在使われている155mの橋は1934年に完成したもので、京都市北西部の風景に良く調和しています。 

 

Onチームのコメント:桂川に架かる渡月橋は、活気ある嵐山地区の中心的存在です。 

 

嵐山の竹林

 

 

この竹林は、一見すると木が生い茂る普通の森のようにみえます。ですが、実際にここの散策路を歩けば、いかに独特な情緒を持った場所なのかが実感できるはずです。唯一無二の坂道を上った後は、伝統的な日本建築である美しい大河内山荘が見学できます。

 

Onチームのコメント:竹林の間を縫うような散策路を歩くのはとても気持ちが良いものです。風が柔らかくそよぎ、背の高い竹がやさしく揺れる様子を見ると、まるで竹林の鼓動が聞こえるかのようです。武侠アクション映画「グリーン・デスティニー」をご覧になった方なら、この竹林が戦闘シーンに登場したことをご存じでしょう。

 

保津峡展望台

 

 

京都でランニングをするなら、ここが1番かもしれません。この地域の山々には見渡す限りの森が広がり、心が落ち着く場所です。また様々な種類の植物が生息し、色と香りが調和した道が続きます。香りと言えば、保津峡展望台には絶好のバーベキュースポットがいくつかあるので、おいしい匂いに誘われることも。展望台に足を運べば、京都や保津峡が一望できます。

 

Onチームのコメント:保津峡展望台の周辺では、四季折々の風景を楽しみながら走れます。春には桜、初夏には新緑、秋には紅葉が満喫できます。

 

愛宕山

 

 

 

愛宕山は、それほど高い山ではありません。でも、上り坂を登り切れば、間違いなくこの山に尊敬の念を抱くようになります。愛宕山にある急な石段は「出世の石段」と呼ばれ、大抵の人は容易には登り切れません。ですが、頂上からの素晴らしい景色を目標にすれば、石段を上る気力が湧いてくるはずです。山頂に到達した際の唯一のデメリットは?それは、街に戻るために再び階段を下りなければならないことです。

 

Onチームのコメント:愛宕山は京都の北西部に位置する標高924mの山で、京都の歴史的な側面がみられるコースがあります。静かに京都の街並みを眺めるには絶好のスポットです。

 

 

Onのニュースレターに登録して、あなたのランニングにもっとインスピレーションを!