戻る

技術プロフィール:最新Cloudflash

Cloudflashは、速く走りたいときに適した、カーボンファイバー入りのシューズです。とても挑戦的なロッカー形状を採用したこの超軽量シューズは、レースのペースで走れるよう開発されました。何が新しくなったのかを説明しましょう。

  

次世代Cloudflashはミニマルなレーシングフラット。競技トラックでの厳しいトレーニングや、街中で速く走るときに最適です。とはいえ、このシューズはレース用として開発されたもの。

 

私たちは、クリス・トンプソン選手やハビエル・ゴメス選手からOn Zap エンデュランスチームに至るまで、On最速のプロのアスリート数名に、この次世代モデルの開発に協力してもらいました。費用は惜しまず、どんな些細な問題も見落とさず、ひたすら開発に励んだのです。そして、その結果は――? 

 

「私にとって、これは今までで最速のOnシューズです」と、のトンプソン選手。

 

「軽量で、速いスピードで走るときに使えます。Helion™のフォームが十分なクッション性を発揮して、Speedboard®のレスポンシブな走り心地をしっかりと支えています。新しいアウトソールには、競技トラックでもロードでも機能する、非常に効果的なグリップ力が備わっています」 

 

「そのうえ、配色が魅力的。このシューズを見事にエリート仕様に仕上げました」

    

技術プロファイル:最新Cloudflash
Cloudflashは、速く走りたい時に適した、カーボンファイバー配合のシューズです。超軽量で非常に挑戦的なロッカー形状のこのシューズは、レースのペースで走るために開発されました。何が新しくなったのかを説明しましょう。
続きを読む

 

進化し続けるCloudTec® 

 

OnのマラソンシューズCloudboomはOnのシューズで初めて、受賞歴のある特許技術CloudTec®をSpeedboard™の上下両方に搭載しました。そのすぐあとに新しく生まれたCloudflashも引き続き2層構造のCloudTec®を搭載しています。

 

ただし、初回搭載時とは大きな違いもあります。Cloudflashは、Speedboard™の上側はシューズの前足部まで、Speedboard™の下側は後ろ部分までにのみCloudTec®を搭載しました。 

 

このような構造を採用したOnのシューズはこのシューズが初めて。Onの優秀なアスリート数名からもらったフィードバックに基づいて設計されました。 

 

その理由は? 

 

アッパーの前足部にある層では、足により近い位置でクッション性を確保しながら、着地や急カーブで安定感を維持します。そして、Speedboard™の下にある下層クラウドは、アスファルトの衝撃からしっかりと保護します(特に、足が疲れてきてヒールストライク走法になり始めた時に効果を発揮します)。 

   

 

「アスリートたちは、前足部により強いクッション性を望んでいましたが、初代Cloudflashのレスポンスに優れた感覚も失いたくありませんでした」。前出のケビン・デリヨンは説明します。 

 

「私たちは、Speedboard™の上側にクラウドを配置することが、どちらの領域にとっても最善の解決策だと考えました」

 

もちろん、OnのスーパーフォームHelion™を採用し、気温にかかわらず、妥協のないクッション性と一貫したパフォーマンスを提供します。そのため、暑い日でも寒い日でも自由にペースを上げられます。 

   

Helion™について詳しく知りたいですか?
詳細についてと走るときのメリットについてはこちらをご覧ください。
続きを読む

 

カーボンファイバー配合Speedboard™

 

Speedboard™のテクノロジーは、スピードを向上し、エネルギーの出力を減らすために開発されました。踏み出すたびにボードが弓のように曲がってから元の位置に戻り、着地したときに発生するエネルギーを前へ進む推進力へと変換します。 

 

この感覚をさらに強化するために、Cloudflashには、Cloudboomと同じカーボンファイバー配合のSpeedboard™を使用しています。18ヵ月間に及ぶ実験の結果、Speedboard™が誇るアジリティ(俊敏さ)を犠牲にすることなく、よりパワフルな蹴り出しを実現できる最適な剛性を見出すことができました。 

  

「私たちは、これまでのSpeedboard™の開発から得たすべての知識を、可能な範囲で最高レベルのSpeedboard™の作製に注ぎ込みました」と、ケビンは言います。 

 

「今までで最も爆発力があるため、レースに理想的です」

    

 

レースを揺さぶるロッカー形状

 

オリジナルのCloudflashは、かかとからつま先までのドロップが5㎜でした。次世代モデルのドロップは4㎜に抑え、さらにフラットに。 ただ、このシューズを側面から見ると、極端なロッカー形状になっていることがすぐに分かります。 

 

これは、新しく改良されたSpeedboard™と連携して効率的な回転運動を実現し、またレスポンスに優れた走り心地を提供するため。ゴールラインまでの踏ん張りに必要なすべてのキックに力を与えます。 

 

ぜひご自身でお試しください。このシューズを履けばすぐに、あなたを前へ押し出そうとする積極的なスタンスを実感できるはずです。

   

   

アッパー

 

ダイナミックなシングルレイヤーのエンジニアードメッシュが、Cloudflashのアッパーを超軽量でダイナミック、かつレスポンスと通気性に優れたものにしています。しかし、コントロールできないパワーには何の意味もありません。前足部と中足部にシームレスサポートを備え、レース終盤の疲れた足をサポートできるようにしました。 

 

これを後押ししているのが、ノンリニアシューレースシステムです。足の付け根が幅広く作られ、安定性とアジリティが向上するように設計されています。

 

また急カーブを走るときのために、Cloudboomと同じように、Cloudflashにはアウトソールに特別に選ばれたグリップラバーを採用。使用者の間でも評価が高く、あるレビュアーは、「濡れた地面を走るとき、これまで試したどのロードレースシューズよりも優れたトラクションを発揮する」とコメントしました。 

 

「このシューズのグリップラバーは、濡れた地面を走るとき、これまで試したどのロードレースシューズよりも優れたトラクションを発揮します」 

   Runner's Tribe

              

 

小さな変化、大きなインパクト

 

もう一つの重要な新しい特徴は、シューズの内側の土踏まず部分(またはシューズ中央)にクラウドパーツを追加したことです。これによりまず安定性が生まれます。また圧力を効率よく分散させ、グリップ力を加えるとともに、(アスリートが激しいランニングをしたときに最初に摩耗することが多い)前足部のクラウドパーツを保護します。 

 

履き口部の新しい形は、チャンピオン・トライアスリートのハビエル・ゴメス選手など、一部のOnエリートアスリートのフィードバックを基に設計されました。低めのカーブが足首への圧迫感を軽減し、成形されたパッドがしっかりしたフィット感を提供するため、ハードなランニングでもしっかりとコントロールを保てます。特にトライアスロンでは、トランジションのスピードアップに欠かせない重要なポイントです。 

 

ソックライナーも再設計し、細部にまで徹底的にこだわりました。新バージョンでは、これまでのどのソックライナーよりも薄く、わずか3㎜しかありません。それでも独自の素材を採用したことで、より優れたリバウンドと反発力を発揮します。

  

  

10㎞以下の距離を自己最速で走れるように考えられた、Cloudflash。シューズ寿命は250㎞。その名も「フラッシュ」、生まれながらに「フラッシュ」。今すぐ手に入れましょう。 

 

Onのニュースレターに登録して、あなたのランニングにもっとインスピレーションを!


ニュースレターの購読にご登録いただくことにより、 Onのプライバシーポリシーに同意したものとみなされます。