戻る

仏誌「 Les Others」:On と越境長距離トレイル「ヴィアアルピナ」を走る

スロベニアからモナコまで、スイスを含むヨーロッパ8カ国のアルプス沿いに延びるトレイル「ヴィアアルピナ( Via Alpina )」。総延長5000キロにわたる越境長距離トレイルのスイス国内ルートに挑戦したのは、クリエイティブな視点からアウトドア・カルチャーを捉える仏誌 Les Others の一行。3つのステージが用意された約70キロにわたる絶景ルートを走るパートナーは、On の次世代型クラウドベンチャー( Cloudventure )です。

スロベニアからモナコまで、越境しながらアルプス沿いを巡る総延長5,000キロのヴィアアルピナはただの長距離トレイルではありません。

 

 

On の新しいトレイルランニングシューズ、クラウドベンチャーを履いて3つのステージに分かれたスイス国内コースに挑んだのは、Les Others 誌の冒険好きたち。ヴィアアルピナ区間でも最も美しいと言われる地域を駆け巡りながら、新しく進化したトレイルランニングシューズがいかに優れているかを確かめました。

 

 

スイスアルプス生まれのクラウドベンチャーは、アウトソールに最新ミッショングリップ( Missiongrip™ ) を採用。特別なグリップパターンが、スイスアルプスの足場の悪いトレイルでも、思いのままの走りを可能にします。

物語の舞台裏 


Les Others 誌のダミアン・ベティネッリ( Damien Bettinelli )が、さまざまなトレイルを進む数日間のトレイルランの旅へとご案内します。

 

Les Others誌一行

 

「私たちは初めのうち、スイスドイツ語やドイツ語の知識がどれだけ大切かわかっていませんでした。そのお陰でやっかいな状況に陥ることもありました。例えば車でスタート地点まで移動中、特定の道は決められた時間帯だけ一方通行になっていることがありました。幸運にもそれを知ることができたので、大きな事故を起こすことはありませんでした」 

 

Cloudventure
次世代型クラウドベンチャーの最も注目すべき特徴は完璧なグリップ力。旅の途中、あらゆるタイプの地面でテスト履きを何度も繰り返しました。足の先端部の保護は、特に長い岩場のダウンヒルで本領を発揮します。
シューズを見る

 

「私たちの足跡をたどってみたい人にとって、スイスのトレイル散策はとても簡単です。ルートは必ずマークが付いているので、迷うことはありません。また、スイスのインフラに頼ることもできます。小さな村でさえも、簡単に寝る場所を見つけることができます。さらに、私たちのルートのステージを飛ばしたい場合は、バスと鉄道を利用すれば、どこにでも連れて行ってくれます」

 

 

「また、ホーテルリ( Hohtürli )のトレイルパスを走っていて、『注意』の付いた標識に出くわすといつも困惑します。私たちが理解できたのは、ちょうど一つの橋が取り除かれたということ、そしてそこを渡ることは自己責任だということでした。この橋を含むトレイルパスが私たちの旅の最も重要なルートだったので、事態は少し深刻でした。でも、私たちはとにかく前進することに決めました。幸い、その問題の橋が実際に私たちのルートにはないことを、英語で説明してくれた人に出会いました」 

 

 

 

「装備の面で覚えておいてほしいことが一つあります。自分は山の中にいるという自覚です。山の温度は急激に変化する傾向があります。例えばお昼の3時の暖かい太陽を楽しんでいたとします。そして太陽が山陰に隠れてしまった1時間後の4時に、寒さが突然襲ってきます。必ず適切なジャケットで装備してください」

 

Weather Jacket
Damien: 日の入りから日の出まで屋外で過ごすには、天気の変化に適応する必要がありました。この Weather Jacket は冷たい風から身体を守る完璧なパートナーです。
詳細を見る
Performance-T
数日間続けて着られるギアが必要だったので、この 速乾性のあるTシャツはとても役立ちました。
詳細を見る

 

Les Others誌の旅の全文は、オンラインサイト LesOthers.com(フランス語)と、Les Others誌 の最新版(フランス語、英語)に掲載されています。Les Others誌はオンラインでご注文いただけます。(撮影 Fabien Voileau 

 

 

Les Others 誌のヴィアアルピナのルート詳細

 

 

 

あなたのランニングにもっとインスピレーションを!On のニュースレターに登録しませんか。