戻る

Taken to the Edge: アンドリュー・ヒントン

ドキュメンタリー作家のアンドリュー・ヒントンがインドを旅するきっかけとなったのは、社会を変えようとする一人の銀行支店長だった。その後も、インスピレーションを与えてくれるストーリーや人々を求めて、度々インドを訪れたヒントン。NGO団体 Jagriti Yatra の取材で電車に乗って18日間の旅を続けていた時、ジャムシェードプルで一人の新聞売りの青年に出会った。その彼の一日を追った短編映画は、2012年に Vimeo ドキュメンタリー賞を受賞。また、ヒマラヤ麓の人里離れた児童コミュニティーにやって来た一人の子供を描く、ヒントンの代表作『タシちゃんと僧侶』は、2016年のエミー賞(短編ドキュメンタリー部門)を始めとする26の賞を受賞。

 

On は極限に挑戦する世界中の専門家やアーティストを招き、世界各地でシリーズ講演会を開催しています。アンドリュー・ヒントンのスピーチをお聞きになりたい方は、こちらからお申し込みください(4月18日、ニューヨーク)。

 

アンドリュー・ヒントンに聞く

 

どこからインスピレーションを得ていますか?その極限 - Edge - とは?

大怪我から回復するティム・ドン(現在撮影中のアスリート)の姿に刺激を受けて、ランニングを再開しようと思った。

 

成功のカギは何ですか?

これまでのどんな成功も、自分の声に耳を傾け、全力を注いだ結果だ。

 

あなたにとって、ランニングまたはスポーツとは何ですか?

つい先日、5kmを早く走るための3週間トレーニングを終えたところ。初めて25分を切ることができた!

 

極限に挑もうとしているチャレンジャーに、アドバイスをください。

直感を信じること。そうすれば、決して道に迷うことはない。