戻る

atmos Tokyo、On を語る:「一回履いてみてよ!」

東京の「atmos (アトモス)」のショップ棚には、世界中の選りすぐりの、これぞというシューズしか並びません。スニーカーシーンを世界に向けて発信する atmos 。atmos をこよなく愛するユーザーも、目が肥えた人ばかり。映像で、言葉で ― On の最新アイテムについて、atmos チームが語りました。

 

今、スニーカーヘッドたちが熱い視線を注ぐのは、日本。どちらかと言うと、これまで日本のストリートウェアは欧米諸国の影響を受けていましたが、最近はそれが逆転。スニーカーシーンを世界に向けて発信するようになりました。今回は日本のスニーカー革命の第一人者と言われる atmos がショップを構える東京からお届けします。 国民的スポーツと呼べるほどマラソンが人気を誇る、世界のスニーカーシーンのメッカ・日本で、atmos チームが語った On とは?


 

「シンプルがゆえに」。atmos BLUE (アトモス ブルー)表参道店のショップマネージャー 、G-Ken さんはそう語り始めます。「これ(Cloud)はシンプルがゆえに、誰でも履ける。この靴は、どこのメーカーにもない魅力が詰まっている。これからがすごく楽しみな靴。足を入れてみて驚きを感じて欲しい。なのでもう、百聞は一見にしかずかなって思うんです」。  
 

「一回履いてみてよ!って。これに足を入れた瞬間に靴の概念がまた広がっていくから」

 

atmos 新宿店のショップマネジャーを務める栗原さんは、多様性とパフォーマンスを兼ね備えた Cloud (クラウド)の無駄のないデザインについてこう語ります。 

 

「クリーンで、余分なものがあまりついていないのが良いですね。キレイ目な格好をしたときの『外し』ですとかカタチで外せるっていう部分で、デザインを評価しているお客様がかなりいらっしゃいます」

 

Cloud
栗原さん:「クリーンなアッパーのデザインだけど、横から見たときのシルエットはインパクト大」
詳しく見る
Cloudflyer Waterproof
G-Kenさん:「すごく今後の未来が楽しみな靴。より多くの人にこれを手に取って足を入れてみて驚きを感じてほしいなと思います」
詳しく見る
Cloud X
あなたのランをリミックス。軽量で、かつクッション性に優れ最大限のパフォーマンスを発揮します。ロードで、ジムで、ストリートで。
詳しく見る
あなたのランニングにもっとインスピレーションを!On のニュースレターに登録しませんか。