戻る

初マラソンってどんな感じ?

近年、世界のマラソン人口は史上最高を記録。今ではありとあらゆる人が、42.195kmという象徴的な距離を走るマラソン大会に参加を決めたり、参加の検討をしたりしています。でも、マラソンを走るってどんな感じ?初級マラソンランナー向けのヒントをまとめました。

「マラソン」という言葉は紀元前490年、ギリシャ軍がペルシャの大軍に奇跡的に勝利したことを知らせるため、マラトンからアテナイ(現アテネ)へと休まず走り、そのあと息絶えた一人の兵士フェイディピデスの故事に由来します。この故事にちなみ、現代のオリンピックにおける競技としてマラソンが実施されるようになりました。

 

マラソンで走る距離の42.195kmは、とてつもなく長い道のり。その全体像は、初めての人には想像もつきません。そこで、経験者が口々に語る「マラソンの旅」とは何かをふまえながら、初マラソンに向けて取り組むランナーに役立つ8つのヒントをご紹介します。

 

ヒントその1:毎日の生活に大きく関わることだと理解する

 

マラソン大会の準備に費やす時間に比べれば、レース本番は短いもの。トレーニングに必要な正しい食事の取り方から、トレーニングそのもの、そして「マラソンの準備はOKか?」という自問の繰り返しや正しいトレーニングギアの調達など、やることがいっぱいで気分が滅入ってしまいそうです。またレース当日までのカウントダウンを始まると、仕事以外の時間はそのことばかりが気になってしまうもの。規則正しいトレーニングも大切なので、大会までの数カ月は家族や友だちに会えなくなりがち。親しい人たちにはマラソンのことを前もって伝えて、良い関係をキープしたいですね。

 

ヒントその2:十分な準備などない

 

トレーニングはマラソン以上に大変。ガイドなどを読み漁っても、結局のところ、食べ物、水、ギア、ランニングフォームの正しいコンビネーションを見つけ、計画を立て、実行するところまで、すべて自分で考え、試す必要があります。「どんな種類のクリームが擦れや摩擦に効果があるか」、「1kmを平均4分40秒で走るにはどの位のストライド(歩幅)にすればいいか」、「どの走り方が長距離に最適か」など、普段はしないような検索をネットで始めたりするかもしれません。マラソンに参加すると決め、申し込んだ時点で、すでにあなたはランナー。これまで知らなかった、楽しいラン用語や知識を身に付けていくのです。

 

「テーパリング( tapering )」というマラソン用語があります。初心者は初めて聞く言葉かもしれませんが、マラソンのトレーニング量を漸減する、つまりレース日に向けてトレーニングの量を減らしていくという意味です。ある調査によると、レースで最高の結果を出すには、本番の3〜4週間前から長距離のマラソントレーニングを行う必要があります。そのあとで本番に向けてトレーニングを減らしていくことは理にかなっていないように思うかもしれません。しかし、テーパリングは万全の状態で本番を走れるよう、足を労り体力を温存させることを目的としています。もちろん、トレーニングは計画通り最後まで続けていきます。

 

準備に関する最後のヒントは、あらゆる天候下でのトレーニングの実施です。どんなに良い天気になるよう願っても、本番の天気がすぐれないことはあります。小雨や大雨でマラソンを中断してしまうのはあまりにも残念。それに、事前に悪天候の中でトレーニングしておけば、一つの経験にもなります。ある研究によると、マラソン初級者がランで最高の結果を出す理想的な気温は、摂氏6.5度。少し低いくらいの気温のほうが、落ち着いた走りができるようですね。

ヒント その3:レース当日は奇妙でエキサイティングでぎこちない

 

レース当日の朝(その前日や、さらにその前の日)からすべてがマラソン一色になって、レース前に「念のため」、レースで着るの服装を家で確かめたり、その日の朝の食べ物、予備の靴ひもについて自問したりするのはごく普通のことです。そんな時のコツは、これまでのトレーニングと同じようにすること。たとえば同じ食事を取ることです。それから、以前に着たことのある服を着るようにします。大切なのは、何も変えないこと。本番の数日前から、走る時に身に着けるものや食べ物のリストを自分で書き出しましょう。当日はそのリスト通りに準備をすれば、問題を最小限に抑えられるはずです。

 

ほかの多くの人と同じように、レース会場にはかなり早く到着するでしょう。気持ちが高揚しているので、マラソンのテント施設をぶらぶら眺めたり、アイソトニック飲料を飲んだり、そこにいる何千人ものほかのランナーやギャラリーと同じことするをするかもしれません。

 

ただ、時間が経つにつれて、そのような行動は深刻になりがちです。身体のあらゆる部分にテーピングやストレッチをしたり、保冷材の入ったサポーターで固定したりと(それは一大事です)、自分がやるべきか疑問に思うような事まですべてやろうとします。本当は、心配することは何もないのです。自分がトレーニングを通じてしてきたことを行い、プラン通りに準備を進め、(そして時間が来たら)スタートラインに向かうだけ。さあ、楽しいマラソンの始まりです。

 

ピストルで行われるスタートの合図は、上級ランナーのためのもの。おそらく(これがあたなにとって初マラソンであれば)、群衆の中でも少し後ろの列にいると思います。海のように広がったランナーの波が次第に収まりだすと、スタートラインを横切るときには多少の温度差を感じます。でもそんなわずかに拍子抜けした感覚も、レースで走ることに没頭してすぐに忘れてしまうでしょう。その調子です。

 

ヒント その4:沿道の応援をあなどるなかれ

 

最初の数キロメートルはほかのランナーの中に紛れて、これまでのトレーニングを思い出しながら、あっという間に時間が過ぎるでしょう(目標ペースを思い出してください。なぜそんなに速いペースで走っているのでしょう。さあ、落ち着いて)。

 

そして沿道にいる人たちです。ただの見知らぬ人だった人たちが、走り始めた途端、自分のファンへと変わります。初めてマラソンを経験するランナーはたいてい歓声を上げる沿道の応援にペースを掻き乱されたりして、その日の良し悪しは沿道の人たち次第になってしまう人もいます。人に見られている、応援されていると感じるとき、人はより優れたパフォーマンスを発揮するという研究結果がこの理論を裏付けています。それから、自分がゴールに近づくにつれ熱い声援と拍手を送ってくれる沿道の人たちへ、ハイファイブをする準備や自分の名前を呼んでくれる人たちに引きつった笑顔で親指を立てて返事をします(はじめはなぜ自分の名前を知っているのだろうと混乱しますが、すぐに名前が載ったゼッケンをつけていることを思い出すでしょう)。

 

この沿道からの声援は、マラソンを終えたあともずっと心に残ります。沿道からの熱狂的な励ましを体験することは、再びマラソン大会へとランナーを引き戻す十分な動機付けとなるでしょう。

ヒント その5:マラソンは「レース」ではない

 

とにかく期待は禁物です。もちろんコースには、ほかにもランナーがいます。でもすぐに、それぞれが自身のレースをしているとわかります。そしてそれは、あなたも同じ。ほとんどの場合、数キロメートル進むにつれて、ランナーはお互いに独特の絆を感じ始めます。後半になると、仲間意識が芽生えたり、お互いを励まし合ったりするシーンもよく見られます。またペースダウンをしたとき、通り過がりにほかのランナーに手のひらで背中をポンと軽く叩かれたり、励ましの言葉をかけられたりしても驚かないようにしましょう。

 

ほかのランナーに打ち勝つことがマラソンの目的ではないことを、初めから理解するのはとても難しい。ただ最終的に、レースはやめたいと思う、自身の心の中の小さな声に対抗するものなのだと学ぶのだ。 ( ジョージ・シーハン、ランナー/作家)

 

この「レース」は自分だけのもの。もちろん競技タイムはありますが、あなただけのものなのです。例えば約5万人のランナーが走るニューヨークのマラソンでは、少なくとも確かなことが2つあります。あるランナーは速く走り、またあるランナーはゆっくり走るということです。自分のペースでレースを走りましょう。

 

ヒント その6:身体はあなたの親友

 

初めてのマラソンで身体が燃え尽きたように「ガックリする」からといって、身体はあなたの敵というわけではありません。身体はあなたにメッセージを発信しているのです。のどが渇いたら、飲み物を飲んでください。お腹が空いたら、何か食べましょう。それが 5km 地点であっても 35km 地点であっても、マラソンの計画通りにいかなくても、身体が求めているものに耳を傾けましょう。必要なものを一番わかっているあなたの身体を信頼してください。

 

ヒント その7:止まらず突き進もう

 

マラソンは自分の足ではなく頭でするもの。足が自分の内面と直結していることは間違いありませんが、レースで長い距離を走るときは、大体 30km 地点もしくはそれ以降でマラソンの精神的な側面を体感するでしょう。飽きを感じた時点で疲労が襲ってくる可能性があります。そうすると限界の壁を感じ、後悔の呪文を唱えるようになります。「これじゃ、うまくいかない」という考え、あるいは「もっとトレーニングを受けていれば」という恨みなど、 数キロメートルの間、頭の中はこのような考えと格闘することになるかもしれません。でも、戦い続けてください。次のエイドステーションまでどのくらいあるかを計算して、自分のランを見通しがつく距離まで分割して、レースの後に何を食べる(飲む)かについて考えます。限界を打ち破って、ランナーズハイを体感しましょう。ランナーは前進あるのみ。大丈夫、あなたらなできます。

 

ヒント その8:あっという間にレース終了

 

そんな風に走っていたら、あっという間にゴール目前。ゴール間近になると、無くなったと思っていた力が突然体から沸き上がり、見違えるほど復活するでしょう。沿道の応援がかなり騒々しいので、ゴール前の直線コースでのラストスパートは少し困惑するかもしれません。でも当然ですよね、マラソンを完走したのですから。歓声を快く受け入れましょう。あなたはフィニッシュラインを越え、走りを止めます。そして数分の間、自分を見失い、マラソンの終えた人たちは子供のように動き回ったり、友人やパートナーがラインを越えたところで抱え上げてもらうかもしれません。そしてメダルと飲み物、軽食などをもらって、この日のマラソンは終わりを迎えるのです。

 

自身が成し遂げたことを思えば、走ったあとの高揚感や解放感にあふれたクレイジーな時間にまったく何もしないで過ごすなんて気にはなれないでしょう。もちろんどうするかはあなた次第。ただいつか、独りでほほ笑む日がやって来ます。そしてレースに参加した日のことは決して忘れないでしょう。

 

最後に一つ忠告です。レースが終わった直後から周りの人たちは、こんな体験はもう一度しない手はないとか、数カ月先にまた楽しいマラソン大会があるとか、今すぐ新しく申し込みをすべきだなどと、あなたにまくし立ててきます。それはしっかり心に留めておいてくださいね。

 

…ちなみに、きっともう一度挑戦と思いますよ、マラソン。

Cloudace
最大限のサポートとスピードを実現。最先端の技術を採用したクラウドテック(Cloudtec®)、シューズに搭載されたスピードボード(Speedboard®)で爆発的な蹴り出しを実現し、レースで限界を突破します。
詳細を見る
新Cloudflow
大会で新記録を樹立してきたシューズが、エリートアスリートのインプットによってより洗練されました。さらなる快適さと蹴り出しで、もっと早く。
詳しく見る
Onのニュースレターに登録して、あなたのランニングにもっとインスピレーションを!