戻る

「Where I Run」:レイチェル・クリフ選手が走るバンクーバー

適切な環境で走るのと走らないのでは、大きな違いが生まれます。だからこそ、多くのランナーが自分のお気に入りのルートやランニングスポットを持っています。「Where I Run」では、今後数週間にわたり、インスピレーション溢れる世界各地のランニングスポットに光を当てていきます。トップバッターは、カナダでマラソン新記録を樹立したレイチェル・クリフ選手です。

 

「Where I Run」シリーズの第1回を飾るのは、オリンピック出場を目指すレイチェル・クリフ選手です。カナダのバンクーバー出身の彼女は、日ごろからかなりの距離を走っています。 

 

彼女は自分の故郷を知り尽くしています。バンクーバーのあらゆる隠れた名所や最高のランニングルートについて、彼女よりも詳しく教えてくれる人など、きっといません。

 

こんにちは、レイチェル。まず、なぜ走るのか、理由を教えください。

 

これはよく訊かれるのですが、突きつめると単純なことだと分かりました。好きだからです。外に出て、さまざまなルートを探索したり、自分を追い込んだりするのが好きなんです。

       

 

お気に入りのランニングスポットはどこですか?

 

スタンレー・パークか、パシフィック・スピリット・パークです。どちらもバンクーバーを象徴する場所です。

 

巨大な木があって、地面の柔らかいトレイルがあって、同じ道を走ることなく1時間以上走れます。 

 

バンクーバーはカナダ最大の都市の一つですが、緑地がたくさんあるので恵まれています。

 

カナダとバンクーバーがランニングに最適なのはどうしてですか? 

 

カナダ人は自然やアクティビティ、屋外で過ごすことを大切にしています。私たちはアウトドアが好きな国民です。そして、カナダの都市設計にもそれが反映されていると思います。私がこれまでに訪れたカナダの都市には、必ず素晴らしいランニングルートがありました。 

 

バンクーバーの滞在中に走るのにおすすめの場所やルートはありますか?

 

まだ行ったことがなければ、バンクーバー防潮堤の周辺を走るのは絶対おすすめです。

    

 

カナダは季節による変化が非常に大きな国ですが、時期によってルートを変えますか?

 

幸運にもバンクーバーは温暖な地域なので、それほど変える必要はありません。しかし、すごく暑い日や雨がひどい日は、森の中を走ったりもします。 

 

バンクーバーではあまり雪は降りませんが、雪が降るとトレッドミルを走ることがあります。でも、雪が降っても除雪されているようですし、一年中アクティブに走れます。

     

Waterproof Anorak
アウトドア派の冒険に最適な防水&防風ジャケット。山岳でも通勤でも、どんなときも。
詳細を見る

 

バンクーバーのランニングカルチャーをどのように表現しますか? 

 

ランニングは、とても人気があり、趣味として走るランナーも多くいます。ふと気が付けば、誰かと「ジョギング戦争」をしていることも少なくありません。 

 

私の知る限り、ランニングの最も人気のある時間帯は午前中から日没まで。朝の5時台に走る人はあまりいないようですが、この都市には長く豊かなランニングの歴史があるので、バンクーバーは本当にランナー向けの都市です。

 

ランナーズハイ?ありますか?ありませんか? 

 

おおむね、ありますね。トレーニングの真っ只中でない限りは…。

    

 

カナダのほかの地域を走ったことはありますか? 

 

はい、私はオンタリオ州グエルフに6年間住んでいましたし、兄は現在トロントに住んでいるので、これらの都市や周辺地域でたくさん走ったことがあります。それから、オタワ、モンクトン、モントリオール、ハリファックス、エドモントン、カルガリーでもレースに参加したことがあります。一度、グエルフからバンクーバーまで車で行き、途中でいろいろな小さな町に立ち寄ったことがあります。 

 

言えるのは、これまで訪れたすべての場所に、素晴らしいランニングルートがあったということです。

 

トレイルランニングをしたことはありますか? 

 

特にありません。私は上り坂が苦手ですし、慎重に下り坂を行くのも苦手です。だからトレイルランニングはちょっと怖いですね。でも、カナダには、すばらしいトレイルルートがあり、そこで発見できる景色も見事です。

 

競技キャリアを終えたら挑戦してみたいです。あと、ハイキングは大好きです。

     

 

走ったあとにおすすめの、コーヒーやブランチスポットは?

 

パンデミック(世界的流行)以前は、走った後にキツラノにあるCafé Zenによく行っていました。とてもすてきな場所です。最近は、家でブランチを作るようになりました。うちにはワッフルメーカーがあるし、私のおばあちゃんから結婚祝いにもらったエスプレッソメーカーもあります。オムレツを作るのも好きですね。

 

クリフ選手の料理の腕前については、以下の記事で紹介しています。

    

Breakfasts of Champions: On Athletes share their favorites

We asked On Athletes to share the simple energy-boosting recipes they rely on to start their morning off on the right foot.

Onのニュースレターに登録して、あなたのランニングにもっとインスピレーションを!


ニュースレターの購読にご登録いただくことにより、 Onのプライバシーポリシーに同意したものとみなされます。