戻る

タデッセ・アブラハム|東京オリンピック・スイス代表選手団

エリトリアの小さな村から、2度のオリンピック出場を果たしたタデッセ・アブラハム選手。スイス最速のマラソンランナーが、東京オリンピックに向けた意気込みを語りました。

 

オリンピック出場を初めて夢見た時のことを覚えていますか?

 

正確にはいつだったか覚えていません。21年前のシドニー大会を見て、自分も同じことをしたいと思いました。2001年にプロのランナーとなり、2004年からスイスでオリンピック代表を目指すようになりました。

 

あなたにとってランニングとは

 

本当は自転車競技でプロになるのが夢でしたが、トレーニング中に事故で自転車が壊れてしまい、ランニングに転向しました。今はサイクリングが趣味で、ランニングは仕事です。ランニングとは切っても切れない関係にあります。20年以上の経験があるので、多くのことは学んできたつもりですが、すべてを知っているとは言い切れません。現時点では非常によく知っている、ということです。ランニングと私は、塩と水をミックスしたような存在です。

 

 

オリンピックに向けたトレーニングはいつもとはいますかどのような準備を進めていますか

   

プレッシャーはいつも同じです。国を代表しているのですから。自分のためではなく、もっと大きなもののために走ることになります。国を背負うという名誉のもとに走ります。

 

トレーニングプログラムは当然あります。朝7時に起きて、ストレッチ。8時半にトレーニング、その後さらにストレッチをします。正午に昼食をとり、1時間の休憩を挟んで写真撮影やインタビューに応じます。午後には2回目のトレーニングもあります。夕食の前にはたいてい家族に電話して、おやすみのあいさつをします。そして、夕食を食べて、すぐにベッドに入ります。

 

モチベーションを維持しながら毎日トレーニングするのは大変ではありませんか

   

もちろん、モチベーションが上がらない日もあります。私たちは人間ですからね。でも目標は大切ですし、今の活動は好きです。それに仕事なので、なぜ自分がここにいるのかがちゃんと分かっています。そうすると、続けていく動機を見出すことができます。若い世代に刺激を与えたいとも思っているので、他の人のモチベーションが上がるように、自分もモチベーションを維持できるよう心がけています。

 

 

モチベーションに関して言うと、パンデミックの影響で東京大会にはスイスのサポーターがいません。これについてはどう思いますか

     

応援してくれるサポーターがいないのは寂しいですね、知っている人や自分の目標を応援してくれる人に会うと、力が湧いてモチベーションが上がります。きっとどのアスリートも寂しいと感じるでしょうね。自分の名前を呼んでもらえると、本当に勇気づけられるんですよ。

 

5年前のリオ大会とはずいぶん違う感じになりそうですね。リオ大会を経験したことで、準備に変化はありましたか

    

2016年はただオリンピックに出場することが重要でした。自分のベストを尽くし、レースを楽しむことが目標だったんです。準備はいつも通りでしたが、自分には良い年になったと思います。その場にいられるだけで幸せでした。今は、もう少しプレッシャーを感じています。毎回、改善していかなくてはなりませんから。ただ、健康である限り、何でも可能だと思っています。

   

 

スイスのブランドOnと一緒に走ることについてどう思いますか

    

Onがオリンピックのパートナーなのは名誉なことです。所属先のブランドが国と一緒になってサポートしてくれるのですから。Onのシューズは私が身につけるものであり、私という人間を反映しています。

 

さまざまなロールモデルから影響を受けてきましたね。今、自分自身が他の人のロールモデルになっていることについてどう思いますか?

  

私はケニアのランナー、ポール・テルガトの大ファンです。彼は決してあきらめません。常に希望を持っています。私がスイスに難民として来たときは、本当に大変でした。でも彼を見ているとモチベーションが保てました。彼にできるなら、私にもできるはず、と。私にとっては、レースに勝つことではなく、目標を追いかけることが重要なのです。それが勝利です。私は自分のキャリアにとても満足しています。このキャリアを通し、多くの人にインスピレーションを与えることができればと思っています。人から「インスピレーションを受けた」という手紙をもらえるのが本当に嬉しいです。自分も頑張ろうと思えます。

     

 

次の目標は何ですか?オリンピック後に向けた大きな夢はありますか?

   

私の夢…。私には3つの夢があります。1つ目は、1人の人間として、難民として、スイスに根差して暮らしていきたい。お金持ちではありませんが、家族も私も幸せだし健康です。2つ目は、アスリートとしてオリンピックに参加したい。勝ちたいからというよりも、あの舞台に立って、またオリンピック選手になりたいです。3つ目は、ロジャー・フェデラーに会って一緒にコーヒーを飲みたい。テニスについて聞きたいからというわけではもちろんなくて、彼の人柄が好きなんです。ぜひ会ってみたいですね。

 

ものすごく大きな夢を抱いているわけではありません。とりあえず今はオリンピックに集中します。オリンピックを終えた翌日に、次のステップを探していると思います。

   

Onのニュースレターに登録して、あなたのランニングにもっとインスピレーションを!


ニュースレターの購読にご登録いただくことにより、 Onのプライバシーポリシーに同意したものとみなされます。
あなたが輝ける赤を見つけよう
東京オリンピックのスイス代表選手団と、選手にエールを送る全ての人のためのSwiss Olympic Collection。新たなステージに挑戦しよう。
もっと見る