戻る

環境へのインパクトに責任を持つ企業として

Onは企業成長と資源使用量は比例するとの考えから脱却を図っています。初のインパクト・プログレスレポートでその進捗状況をお伝えします。

 

これはOnにとって大きな節目であり、環境と地球を守るという私たちの継続的なコミットメントを象徴するものです。Onは設立当初からクリエイティブなソリューションを提供してきました。最初のソリューションは、ランニングシューズに革命的な履き心地をもたらした新しいクッショニングシステムでした。それ以降も私たちは革新を続け、スポーツ用品業界に新風を巻き起こしてきました。

 

真のグローバル企業となった今、地球が直面している課題に取り組む責任は以前にも増しています。私たちは夢を抱くことを忘れません。スイスアルプスのスタートアップ企業にランニングシューズが再発明できたのです。大勢のサポーターと一緒なら、もっと環境への取り組みに貢献できるはずです。私たちはサステナビリティ、多様性、インクルージョン、そして世界中のすべてのコラボレーターの安全とウェルビーイングを念頭に置きながら、イノベーションに取り組んできました。まだ新参者の私たちですが、この業界に追随するのではなく、業界をリードしたいと考えます。環境へのインパクトを減らすという課題に、リアルタイムで対処していきたいのです。

 

2020年、私たちは明確な目標の下に焦点を定めました。そして2030年のCO2削減目標について、「Science Based Targets(SBT)」イニシアチブより承認を取得しました。これは脱炭素化へ向けた大きな1歩であり、Onの成長と資源使用を切り離すという目標を大きく後押しするものです。

 

環境へのインパクトを減らす取り組みに関して、もう一つ画期的なことがありました。それは、完全にリサイクル可能な高性能ランニングシューズをサブスクリプションサービスのみで提供する、初のプログラム「Cyclon」を立ち上げたことです。

 

「Cyclonは単なるプロダクトではなく、変化のためのモデルです」―キャスパー・コッペッティ、共同創設者

  

 

Cyclonプログラムから配送される最初のシューズは、バイオベース素材を50%以上使用。アッパーは1つの生地から作られており、リサイクルと再使用を経て新品のシューズに生まれ変わります。その上、CyclonはOnシューズの中で最軽量かつ最速モデルの1つであり、パフォーマンスとサステナビリティが両立できることを証明しています。私たちは他の製品に関しても、本当の意味で循環できる方法を模索し、製品に全責任を負うべく取り組んでいます。

 

「多様でハイパフォーマンスなチームと社風を作り上げることは、設立当初から重要な目標でした。世界中のOnチームは、ただ仕事がしたいのではありません。彼らはポジティブなインパクトを発揮するために毎日働いているのです」―マーク・マウラー、共同CEO

 

ポジティブなインパクトは一朝一夕には発揮できません。それは長い道のりであり、チームワーク、コミットメント、説明責任を必要とするものです。簡単で迅速な解決策はありません。未開拓の道を歩き、新しい道を切り開き、既成概念にとらわれない発想が求められます。また、協調の精神も必要です。だからこそ、Onは価値観、目標、向上心に共感してくれる人々や企業とパートナーシップを結んでいます。

  

 

初のインパクト・プログレスレポートは、持続可能性に向けた過去2年間のOnの取り組みをまとめたものです。Onのステークホルダー、パートナー、従業員、そしてお客様を含めたすべての人に向けられています。

 

「色々な意味で、私たちはサステナビリティへの道を正式に歩み始めたばかりです。まだまだ先が長いことは承知しています。しかし、私たちはわずかな期間に大きな成果を成し遂げました。チームの好奇心、決断力、そして夢見ることを辞さない勇気のおかげです。ここまで一緒に来ることができたのなら、これから先、どこまで遠くに行けるでしょうか?さあ、一緒に夢を見ましょう」―カスパー、デビッド、マーク、マーティン、オリヴィエ、The On Partners

 

2020年度のOnインパクト・プログレスレポートの全文はこちらからダウンロードできます

 

Cyclonプログラムの詳細はこちら

  

Onのニュースレターに登録して、あなたのランニングにもっとインスピレーションを!


ニュースレターの購読にご登録いただくことにより、 Onのプライバシーポリシーに同意したものとみなされます。