戻る

二酸化炭素(CO2)と気候変動

気候変動は、私たちの世代が直面している最大の課題と言えます。温室効果ガス(GHG)の削減にはシューズ業界も真剣に取り組まなければなりません。

 

2015年12月の国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)で、地球温暖化対策の国際ルール「パリ協定」が結ばれました。パリ協定は、世界の平均気温上昇を産業革命前と比較して2度より十分低く抑えると共に、1.5度まで抑える努力をすることを目標としています。
 

Onはグローバル企業としてこの世界的な取り組みに貢献する責任があります。そこで、Onのサステナビリティ(持続可能性)戦略の最重点分野に、気候変動の抑制とGHGの削減を位置づけました。最重点分野は他にも、持続可能な素材の使用や循環型製品の創出の2つがあります。

        

SBTに参加

 

OnはGHG排出量の削減への取り組みを示すため、国際的な気候変動(SBT)イニシアチブに参加しています。SBTイニシアチブは環境NGOのCDP、世界資源研究所(WRI)、世界自然保護金(WWF)、国連グローバル・コンパクト(UNGC)の4団体が運営する取り組みで、科学的な裏付けに基づく目標設定や、企業の気候変動対策の評価を推進しています。つまり、企業はSBTイニシアチブに参加することで、自社の活動が気候変動の抑制に貢献できているかどうかを確認できます。

 

OnはGHGプロトコルに則ったGHG排出量の一覧表を毎年作成し、SBTイニシアチブの設定目標に対する進捗状況を公開しています。

 

スコープ1および2の排出量削減

 

GHGプロトコルでは、排出量は事業活動別に3つの異なる「スコープ」に分類されています。スコープ1は自社による直接的なGHG排出量、スコープ2は自社が購入したエネルギーの使用に伴う間接的なGHG排出量です。

 

私たちは、2019年から2030年にかけてスコープ1とスコープ2の絶対排出量を46%削減することを約束します。これは、「気温上昇を1.5度に抑える」というパリ協定で最も野心的な目標を達成するために必要な水準です。

 

 

スコープ3の排出量の削減

 

スコープ3は自社のバリューチェーン(主にサプライチェーン)で発生する間接排出量です。原材料の処理や完成した製品の輸送がその例です。
 

私たちは、2019年から2030年にかけてスコープ3の排出量を55%削減することを約束します。これは、野心的なバリューチェーンの目標設定を掲げるSBTイニシアチブの基準に合致した数値です。

      

2019年を基準年とする当社のGHG排出量

 

環境への負荷を削減しなければならない分野は数多いですが、私たちはその中でも特に負荷が減らせそうな分野を重視しています。2019年は事業全体の二酸化炭素(CO2)排出量を評価し、どの分野でさらに削減できるかを確認しました。

 

Onの温室効果ガス排出量(2019年)

 

ご覧のとおり、スコープ3からの排出量が圧倒的に大きな割合を占めています。しかもスコープ3は削減の難易度が最も高い分野です。しかし、Onはチャレンジ精神が旺盛です。CO2排出量と企業の成長を切り離し、両者の比率の差を少なくする努力を続けています。これにより、事業と製品の両方でさらに多くのイノベーションが生まれると私たちは信じています。Onのような急成長中の企業にとって、これは非常に野心的な目標です。しかし、成長とサステナビリティは両立するという信念を持って取り組んでいけば、いつか達成できるとひそかに確信しています。 
 

この目標を達成するには、素材や製造プロセスの革新がカギとなります。それにはこの業界を再考し、既成概念を打ち壊すことが必要ですが、それはOnの得意とするところです。Onは既に、業界初となる高性能で100%リサイクル可能なランニングシューズCyclonを発売し、最初の飛躍を遂げました。Cyclonでは、このタイプのシューズの環境フットプリントを約半分に削減することができました。

 

#CEO4climate

 

当然ながら、私たちだけの力では気候変動という課題は解決できません。ですが、チームの1員として取り組めば、環境への負荷は軽減できます。そのような理由から、Onは、スイス政府に先進的な気候政策の採用を求めるスイス企業団体の「CEO4Climate」イニシアチブにも参加しています。

 


 

Onのニュースレターに登録して、あなたのランニングにもっとインスピレーションを!


ニュースレターの購読にご登録いただくことにより、 Onのプライバシーポリシーに同意したものとみなされます。