戻る

予測不可能な天候でも思い通りのパフォーマンスを達成するガイド

天気予報を頼りにできない時でも、3つのお役立ちガイドラインが思い通りの結果を保証します。

基本は気分を良くすることから

天気が荒れたときにする日課のランニングは、準備がすべて。 初心者であれば、十分な睡眠とこまめな水分補給、バランスの取れた食事や質の高いカロリーを摂取しましょう。そうすることで、高いモチベーションを保ったまま年間を通じてランニングを楽しむことができます。つまり気分を上げる要素があれば、外出先で天候が悪くなっても諦めずに続けられるのです。 

 

ルートの計画

走るルートの計画は、天候の予測が難しいときほど重要です。もちろん、走る距離が長いほど天気が変わる可能性も高くなります。もし一定数の距離を走る精神面の準備ができているなら、きっと雨が降ろうと最後まで走り続けられるでしょう。おすすめは、天気が悪化する可能性がある時は、目的地を通るループを含むルートも考えておくことです。そうすることで、天気が悪くなったらランを中止、太陽が出てきたらランを再開、という選択ができます。

 

成功するための服装

どんな天気でも快適にランをするには、正しい服装と装備が必要です。気温が低くなると保温効果を発揮し、軽量で通気性に優れ、熱がこもらない高性能のランニングギアは、さまざまな天候下のランにおいて不可欠です。アウターのレイヤーも突然のスコールに対応できる撥水加工が施されているものが必要です。

 

On のウェザージャケット(Weather Jacket)は全天候にバランスよく対応するので、どんな天候条件の下でも使えます。日本製の超軽量ストレッチ素材を使用し、身体はしっかり保護しても、重さを感じさせません。功名に設計されたフード部分はジャストフィットするように調節が可能で、ずれることがありません。また視界をしっかり確保するので、長距離ランで雨が降ってもランに集中できます。  

「On のウェザージャケットはデザイン性に優れ、軽量。雨や風、晴れの日でも優れたサポート力を発揮し、動きに制限を与えないので激しいトレーニングでも大丈夫。このランニングジャケットなら、あらゆる場面で最高のパフォーマンスが発揮できます」 
– 英国ロングディスタンスチャンピオン、クリス・トンプソン( Chris Thompson)

 

解放感を感じるリラックスした状態を保ちながらも、抜群の対候性で身体を守ってくれるもう一つのアイテムは、On のウェザーベスト(Weather Vest)。 撥水コーティングが施されたフロント部分は、雨が降っても常に動きやすさとスタイルを確保します。 さらに、ウォータープルーフのジッパー付きポケットは貴重品を雨に濡らしたり紛失したりする心配がありません。また、Long-T(ロングティー)の上に合わせると完璧なコーディネートが実現。身体の保護や超軽量のランニング感覚だけでなく、テンポや気温の変化に見事に適応し、快適なランニングをサポートします。  

濡れた足は、どんなランも妨げます。雨が降りそうな状態なら、なおさらOn のウォータープルーフコレクションが理想の選択です。都市ランの Cloud (クラウド)、長距離のためのサポート機能を搭載した Cloudflyer (クラウドフライヤー)、そして進化したトレイルシューズ Cloudventure (クラウドベンチャー)のウォータープルーフはどれも完全防水です。  

 

On の高性能メンブレンは100%防水・防風です。スイスエンジニアードの防水ランニングシューズは、ほかのどの防水シューズよりも伸縮性が高く、かつ軽量で通気性に優れています。つまり、雨が降ってもペースを上げることができます。 

つまり、予測不可能な天候下のランの場合、「計画に失敗する人は、結局のところ失敗を計画してしまう」ということです。適切な準備と装備があれば、雨、風、寒さ、日光など、どんなものが立ちはだかろうとも、きっと最後まで走り抜くことができます。 

Cloudflyer Waterproof
土砂降りでも最後まで走り抜ける、防水加工の軽量サポートシューズ。
詳細を見る
Cloud Waterproof
あらゆる天候下の都市ランに対応したシューズ。
詳細を見る
Cloudventure Waterproof
ミッショングリップのアウトソールに追加のプロテクションを備えた軽量でクッション性の高いトレイル用ランニングシューズ。履いたらとりこになるシューズ。
詳細を見る