戻る

ミリマニ・ランナーズ:ケニアの新しいトレイルランニングチーム

ケニアのランナーはトラックやロードに強いものの、トレイルではまだ力を発揮できていないと言われてきました。でも、それはもう過去の話。未来のトレイル界を席巻する7人のエリートランナー、ミニマリ・ランナーズをご紹介します。

 

広大な渓谷と自然保護区が広がるケニアで、イテンはよくある小さな町の一つにしか見えないかも知れません。イテンの1日は、ケニアの田舎でおなじみの風景に満ちています。トラックが土埃を上げながら赤土の畑道を走り、ガタガタ道の振動に合わせ、揃って荷台で体を揺らす労働者たち。気さくな店主が笑顔で声をかけるマーケット、賑やかな整備工場、学校へと急ぐ子供たち。赤道直下に位置するこの町は、頻繁に降る雨と限りなく降り注ぐ日光に恵まれることから、作物が豊かに育ち、辺り一面には鮮やかな緑の風景が広がっています。ですが、イテンがこの風景とはまた別の顔を持つ、特別な場所であることをご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

ケニア西部の東西5kmに広がる町イテンは、世界最高のランナーたちを輩出してきた場所としても知られています。そのため、夜明け頃に外を歩いていると、必ずと言って良いほどオリンピックメダリストや世界記録保持者と出くわします。小さなグループのアスリートたちが、スポンサーから提供された新製品や未発表のギアに身を包み、トレーニングキャンプ地から街の中心部にあるケリオバレー・ロードを駆け抜けていきます。ロードランナーやトラックランナーの成功者ばかりです。

 

近年、トレイルランニングの人気は高まっています。開催される国際大会は急増し、数百万人の選手がレースに参加するようになりました。しかし、イテンではまだそれほど浸透していないようです。希望に満ちたランナーや熱意あふれる小学生に将来の目標を尋ねると、オリンピックの表彰台に立つことや、マラソンで2時間台を記録した、地元では神格的な存在を誇るエリウド・キプチョゲのように歴史に名を残したいという答えが返ってきます。ケニアのランナーは、主要な国際ロードレースのスタートラインで、エリートランナーとして一目置かれる存在であり、その国旗は勝利の代名詞と言っても過言ではありません。しかし、トレイルではその通りではありません。トレイルランニング界ではまだ白人選手が主流で、東アフリカのランナーが大会にもたらす多様性やスター性には明らかに欠けているというのが実情です。

 

 

トレイルランニングのチャンピオンであるジュリアン・リオンは、イテンに移り住んでまもなく、勝利を目指し日々トレーニングに励むケニア人ランナーたちにとって、トレイルレースが大きな機会となることに気が付きました。そこでジュリアンは、経験豊富なランナーであり、選手スカウトでもあるアイザック・カデンゲをアシスタントコーチに迎え、新しく野心的なプロジェクトに着手しました。そうして、Onがスポンサーを担当するミリマニ・ランナーズ (スワヒリ語で「山」の意)が誕生したのです。共通の目的は、トレイルランニング界を揺るがすことです。

 

標高2400mに位置するイテンは、豊かな森林と急斜面に沿って曲がりくねった道が特徴で、トレイルランニングでの成功が大きく期待できます。ミリマニ・ランナーズは、2022年にスイスで開催のトレイルレース、シエール・ジナールとUltra Tour Monte Rosa (UTMR)でのデビューに向け、イテンの広大なトレイルと標高を活用したトレーニングに励んでいます。初めてのトレイルシーズンを迎えるミリマニ・ランナーズ。ケニア生まれのランニング界のヒーローにとって、新たな時代が生まれるでしょうか?

 

 

ケニアのランナーがトレーニングについて体感していること。それはコミットメントです。ジュリアンとアイザックは自らの経験を生かし、チームの成功に向けてのレシピを作り上げました。まずは日の出と昼下がりのトレーニングセッション。これを毎日行い、セッションの合間には十分な休息を取り、エネルギー補給を行います。これがレースでの体力を維持し、最適化するための秘訣なのです。毎週、さまざまな距離、地形、スピードワークのバランスを調整し、チームをトレイルでの成功へと導く、より長いレースのための強さと持久力を、着実に、かつ戦術的に構築していきます。

 

ジュリアンは、「イテンには、才能がある人がたくさんいて、驚くばかりです。チーム選びは、簡単ではありませんでした」と話します。 

 

チームメンバー紹介

 

 

チームはすでに、素晴らしい成果をあげています。人生を変えるような結果を残したメンバーもいます。マークは、2018年にルクセンブルクで開催されたINGナイトマラソンで、過去の記録を更新する2時間12分12秒でのゴールを果たしました。「マークは、トレーニングで常に先頭にいるわけではありませんが、レースになると素晴らしい本領を発揮するんです」。ジュリアンはそう説明します。 

 

ローズのキャリアは2000年代前半に始まり、ポーラ・ラドクリフなどのランニング界のレジェンドと競い合いました。2005年には世界クロスカントリー選手権で9位に入賞し、トリノで開催されたIAAFグランプリでは3000mで優勝。けがによる挫折からも見事に復活を遂げ、これからの活躍が期待されます。

 

ケニアのコミュニティスピリットは、アスリートたちの間に深く浸透しています。熱意あふれるネヘミアや新人のフィラリスなどの若いメンバーは、トレーニングセッションの中で経験豊富なチームメンバーの指導やペース配分に関するアドバイスを仰ぎ、常に仲間から学び続けています。「私たちは、お互いをとても大切にしています。単なるランニングチームを越えた関係が、私たちにはあるのです」とジュリアンは言います。 それは、アスリートたちの間でも共通する思いです。メンバーは互いに気を配り、全員が揃うまで誰もスタートすることはありません。 
 

 

ランナーとして成功すれば、あるいは国際的なレースで大きな勝利を一つ収めるだけで、貧困から抜け出し安定した生活を手に入れることができる人もいます。しかし、レースのスタートラインに立つことすら、簡単なことではありません。 

 

「ランナーがヨーロッパの大きなレースに出場するには、スカウトやスポンサーの力が必要です。それなしでは、現地に行くことすらできません。イテンではそのハードルがとても高く、相手に自分の姿を印象付けるのは非常に難しいというのが現状です。でも、トレイルレースは、未知の才能への扉を開き、ランナーに新たな機会を与えることができるのです」 ―ジュリアン・リヨン

 

2020年、パンデミックの被害が最大レベルに達したときには、ケニアでも厳しいロックダウン措置が導入され、大多数の国民と同様、多くのランナーも不安定な状況での生活を余儀なくされました。トレーニングスケジュールは保留となり、レースに向けての体力は低下。大会は中止となり、多くのアスリートがスポンサー契約から降ろされるという事態が起こりました。マークは、レースの賞金で購入した家を訪れた私たちに、「また走ることができるようになり、本当にうれしいです」と語ります。

 

チームはすでに国際的な活躍を始めています。ミリマニ・ランナーズは、正式な結成からわずか数週間で初の国際レースに参加し、その実力を遺憾なく発揮しました。マークはジュネーブで開催された男子エスカラードレースで、仲間のボニファス・キビウォットに数秒差で2位に入り、過去3回にわたる優勝者であるジュリアン・ワンダースから表彰台の座を奪い取りました。女子では、モーゼスが5位に入賞。サリーは飛行機の遅延でスイスに到着してからわずか3時間後のスタートとなりましたが、7位に入賞という素晴らしい成績を収めました。

 

選手一人ひとりのたゆまない努力と意欲、そして技術があれば、これからもさらなる勝利がチームにもたらされることでしょう。ミリマニ・ランナーズはウォーミングアップを始めたばかりですが、彼らがランニング界にどのような影響を与えていくのか、今から楽しみです。 

 

 

ミリマニ・ランナーズのように走る

Cloudultra
Cloudultraはクッションも快適さもウルトラ級のトレイルランニングモデルです。汎用性が高く、さまざまなレベルのトレイルランナーにお奨め。
シューズを見る

Onのニュースレターに登録して、あなたのランニングにもっとインスピレーションを!


ニュースレターの購読にご登録いただくことにより、 Onのプライバシーポリシーに同意したものとみなされます。