戻る

UTMB®:世界最高峰のウルトラトレイルにOnのアスリートが参加

スイス、イタリア、フランスの3カ国にまたがり7つのレースを開催し、毎年100カ国以上から10,000人以上のランナーが参加する、唯一無二のトレイルランニングレース「ウルトラトレイル・デュ・モンブラン(UTMB®)」。世界最大のトレイルランニングイベントの魅力をOnのアスリートたちが語りました。

 

世界中からランナーが集結するウルトラトレイル・デュ・モンブラン(UTMB®)は、最も意義深い、過酷なトレイルレースとして広く知られた存在。毎年このレースに魅了された何万人もの人が、世界中からフランスのシャモニーを訪れ、この祭典に参加します。今年は前年よりも3,978人多い25,678人のランナーがエントリーしました。

「もしトレイルランニングが好きなら、このレースは必須」。Onのアスリートのダビッド・オース(David Hauss)選手は、こうはっきりと言い放ちます。オース選手は元オリンピックアスリートかつヨーロッパのトライアスロンチャンピオン。昨年のUTMB®で大健闘し、その後さらにUTMB®レースの一つ、CCCに戻って14位でフィニッシュした実力の持ち主です。   

「レース前は緊迫した雰囲気が広がっています。そして日曜日の午後、小さな絵画のように美しい通りで最後のランナーたちが登場するのを待っていると、本当にクレイジーな気分になります」

   

 

Onアスリートのケイティ・シャイド(Katie Schide)選手もこう語ります。「UTMB®は世界屈指の山岳ウルトラレース。それが変わることはありません。スポーツの最高の部分を引き出すレースです」。シャイド選手は昨年のCCCで2位、今年90kmのマラソン・デュ・モンブラン(Marathon du Mont-Blanc)で優勝。UTMB®は「まさにトレイルとウルトラランニングの国際的な祭典」だといいます。

UTMB®へ今年、初参加するシデ選手。同じくOnのアスリートでパートナーのジェルマン・グランジェ(Germain Grangier)選手も参加します。今年、Maxi Race XXLで優勝を飾ったグランジェ選手はこう言います。

「UTMB®は全員がコンディションを最高の状態に整えて挑む、唯一のウルトラトレイルランニングレースです」

「別のレースに出るためにシャモニーに来る人などいない」

  

 

主要レースは大会の名前と同じUTMB®と呼ばれ、フランス、イタリア、スイスの3カ国をまたぎモンブランを取り巻くコースを走ります。コースの全長は約171 kmで、累積標高差は10,000メートル以上に上ります。

中にはわずか20時間で走破するトップランナーもいますが、ほとんどの場合は32〜46時間ほどかけ、2晩立て続けに走ります。このレースは体のタフさと同じくらい、気合いも要求されます。 

2016年に参加したランナーの42%がフィニッシュできなかったことも、UTMB®がどれほど過酷かを物語っています。

UTMB®で開催される7つのレースの中で2番目に規模が大きいレースCCCは、当初「UTMB®の妹」と呼ばれてましたが、メインレースであるUTMB®の巨大な影から抜け出し、それ自体が世界で最も権威のあるトレイルレースの1つになりました。

全長101 km、累積標高6,100メートル以上。世界で最も危険な地形を登るため、タフなランナーのみに許されたコースと言えます。

UTMB®には公式には、UTMB(Ultra-Trail du Mont-Blanc)、CCC(Courmayeur - Champex - Chamonix)、TDS(Sur les Traces des Ducs de Savoie)、OCC(Orsières - Champex – Chamonix)、PTL(La Petite Trotte à Léon – 非競争)、MCC(De Martigny-Combe à Chamonix)、およびYCC(Youth Chamonix Courmayeur – ジュニアイベント)の7つのレースがあります。中でも重要視されているレースを下に挙げました。

 

4週間でトレイルランナーになれるトレランガイド
グランジェ選手やシデ選手などエリートアスリートからの意見をもとに作成された、4週間で準備できるトレイルランニングガイド。どこにいてもできるトレーニングで山岳トレランの準備は万端。
詳しく読む

 

前出のOnアスリート3人は今年、UTMB®( ケイティ・シデ選手、ゲルマン・グランジェ選手)とCCC(ダビッド・オース選手)にそれぞれ参加します。レース前の彼らに話を聞きました。

レース前の気分はどうですか? どんな目標を持って参加しますか。  

オース選手(以下オース):わくわくしてきましたね!トレーニングも終わったし、練習を減らすテーパリングを始めました。今年もまたCCCに出場しますが、100kmは長い道のりです。今はメンタル面をリフレッシュして、体に追い込みをかけられるようにしています。

グランジェ選手(以下グランジェ):いい感じです。目標はいつも通り、できるだけ速く走ることです!


シデ選手(以下シデ):初めての距離に挑戦するので、わくわくしていますが、少し緊張もしています。こんなに長い距離に対する万全の備えなどないのかもしれませんが、ジェルマン(グランジェ選手)と一緒に南仏メルカントゥールで長い一日を過ごせることを一番の楽しみにしています。それと、トレイルと山を楽しむこともまた、レースの重要な部分ですね。目標は、その日のベストを尽くしたと感じながらシャモニーまで辿り着いてでゴールすることです(実際には完走に1日以上かかると思います!)。

 

Cloudventure
頂上に上がるためだけの、ただのトレイルランニングシューズではありません。Missiongrip™を搭載したクラウドベンチャーは上へと進むトラクションだけでなく、ダウンヒル時のクッショニングにも優れた一足です。
詳細を見る

 

シデ選手とグランジェ選手も、昨年のCCCで非常に良い結果を残しています。今年のUTMB®に参加しようと思ったきっかけは何ですか?  

グランジェ:私は2015年にOCC(54km地点の後3位)、2018年にCCCを走りました(総距離101km/5位)。なので、今回はモンブランの周りをぐるっと一周する時だと思いました。すごくわくわくしています。

シデ:UTMB®は私たちにとって新しいチャレンジです!CCCはとても楽しいレースですが、今年はモンブランを一周できると思うとわくわくします。アプリStravaを使うとより良くわかるでしょう。 

 

オース選手は難易度の高いレースに向けて、どんなトレーニングをしていますか? 

オース:この1カ月間、高地トレーニングを行ってきました。トライアスロンをやっていた時から、例えば仏フォン・ロムー、スイスのダボスやサンモリッツ、ニュージーランド、アメリカなどで行う高地トレーニングはお気に入りでした。自然の中に身を置き、新鮮な空気を吸いながらトレーニングに取り組むことが大好きなので。

今年は昨年よりも多い、週に300~400kmのペースで走りました。もちろん走行マイルも貯めましたよ。テンポランに入る前に時速18kmでいくつかのセッションを行いましたが、今回はトラックで計測しませんでした。

 

 

ランニングの際は、どんな食べ物を携帯しますか?

オース:ランニング中は特別変わった食べ物をとる必要もなく、基本的に何でも食べられるので、私はラッキーだと思います。ゼリー飲料や栄養バー、プロテインなどは、リカバリー栄養食として使っています。空腹の状態で始めるのが好きなので、レース前にはバナナと卵1個、またはアボカドだけを食べるのが好みです。でもレースが始まれば、すぐにカロリー摂取をします。

グランジェ:アーモンドや家で作ったライスやじゃがいもを持って行くかな...。レース用の食べ物は大抵、レース前に半日かけて準備します。

シデ:ピーナッツバターとゼリーのサンドイッチ、クッキー、じゃがいも、ナツメヤシ&ナッツバー、それからエイドステーションで美味しそうだと思うものです。

 

大規模なイベント前は今でも緊張しますか? 

オース:私は普段レースに参加するとき、あまり緊張しません。というのも、今となっては、レース参加は楽しみのほうが勝るようになったこと、そしてできる限り楽しむようにしているからです。特にトレイルランニングでは、レースする時間は十分にありますからね。

グランジェ:私にとっては緊張することもまたレースの一部。良い雰囲気とやる気を起こさせる良いストレスだけ、保つようにしています。

シデ:もちろん!これまで走ったことのある距離より55kmも長いレースになりますから。とはいえ、緊張して居心地が悪い思いをするからこそ、人生はよりわくわくするのではないでしょうか。

 

 

レースの距離と標高、より大変なのはどちらですか? 

オース:距離です。100kmはスゴイ!しかも、ゴールに到達するには山を登らないといけません。まるで人生の良い瞬間と悪い瞬間がこの1日の中に凝縮されている感じです。つまり大切なのは、自身がそれをどう管理するかということ。正直に言うと、私は距離ではなく時間に焦点を当てています。レースを3つまたは4つのパートに分けています。これが最も効率的な進み方だと思っています。

グランジェ:このレースの課題は気候条件。夜間は非常に寒くなり、日中は極端に暑くなるからです。UTMB®は毎回、気候条件が変わります。足と頭脳のレースです!

シデ:この大会の最大の課題は、寝ないで長時間、動き続けることですね。それこそイタリアでエスプレッソを飲んじゃうのが一番良いのかも?

UTMB®とCCCのレースは2019年8月30日午前9時と午後6時にそれぞれスタートします。UTMB®公式サイトではレース情報が随時アップされます。3人がどんな素晴らしいレースを繰り広げるかをぜひお見逃しなく。

あなたのランニングにもっとインスピレーションを!On のニュースレターに登録しませんか。