戻る

サステナビリティと冒険の交差点:レスポンシブル・ツーリズム

ハイエンドな旅と環境負荷の削減の両立を目指す、ノルウェーの旅行会社62°NORDの取り組みをご紹介します。

 

サステナビリティに以前から取り組んできた人だけでなく、今まさにそれについて理解を深めつつある人にとっても、サステナブルな未来が私たちに残されたたった一つの未来であることが共通認識になってきました。ですが、レスポンシブル・ツーリズム(責任ある観光)についてはどうでしょうか? 素晴らしい旅は誰だってしたいですし、皆さんなら尚更そうでしょう。しかし、環境への配慮がなければ、旅は地球に大きな負荷をかけてしまいます。

 

現在、旅行産業が排出する二酸化炭素(CO²)排出量は、世界の排出量の約8%を占めています。これは他の多くの経済部門よりもかなり多い割合です。ただ幸いなことに、旅行産業にはカーボンフットプリントの削減に全力で取り組んでいる企業もあります。ノルウェーの都市オーレスンにある「62°NORD」もその一つ。フィヨルドに囲まれたこの街で宿泊施設と旅行会社を運営する同社は、サステナビリティの原則を企業理念に据え、それを日々実践しています。Onのコンテンツチームは今秋に62°NORDを訪れ、彼らがどのようにして真に地球にやさしい旅の体験を提供しているのかを探りました。

 

 

62°NORD: サステナビリティと冒険の交差点

 

所在地が北緯62度線上にあることが社名の由来である62°NORDは、ノルウェー有数の観光地オーレスンとスンモーレでの洗練された贅沢な休暇を提供しています。この地域の見どころは壮大なフィヨルドと、それを取り囲む雄大な山々。アクティビティに溢れ、ハイキングやサイクリング、セーリング、さらにはスキーも楽しむことができます。その上、この地域には世界でもあまり知られていないスンモーレアルプスがあります。雪に覆われたこのアルプスの山々は、スキー好きの人にとっては理想的な目的地。息をのむほど美しいコースがあり、まっさらな雪の上を滑ることができます。スイス暮らしの人には決して飽きることがないロケーションです。

 

「オーレスンは北欧のおとぎ話の舞台になりそうな場所だ― モダンな予想外の展開付きで」― ナショナルジオグラフィック

 

62°NORDは自社ホテルでの取り組みや、地元のガイド・企業とのコラボレーションを通じて、この唯一無二の地域をゲストにとことん体験してもらえるよう努めています。圧倒的なスケールの絶景とユニークな場所を巡る、夢にまで見たバイキング・アドベンチャーがそこにあります。

 

ですが、この素晴らしい景観に対して旅が及ぼす影響を見逃すことはできません。62°NORDの宿泊施設があるのは、人里離れた小さなコミュニティ。そこでは、あらゆる出来事がすべての住民に関係してきます。それに加えて、近くにあるガイランゲルフィヨルドは、2005年にユネスコの世界自然遺産に登録されています。この地域を保護しつつ、コミュニティがこれからも発展できるよう、62°NORDは最も環境に優しい解決策を常に追求しています。ホスピタリティ産業による環境へのインパクトを強く意識している彼らにとって、サステナビリティは生き延びるためのスキルの1つなのです。

 

「私たちは、人々が飛行機に乗ってここに来る必要があること、そしてそれにより排出されたカーボンフットプリントは削減されなければならないことを承知しています」― ガレス・ブラウトセス、62°NORD

 

62°NORDは「責任ある選択」と「新しいソリューションの革新」という2つの主要な観点から環境負荷の軽減を図り、このアプローチを旅のさまざまな側面に応用しています。オーレスンや他の地域への旅行を計画する際には、ぜひこれらの点を考慮したいものです。

 

 

アクティビティ

 

旅で何をするかによって、環境負荷の度合いが変わるのは当然のことです。ヘリコプター飛行や夜の劇場観覧といった特別なアクティビティに伴うCO²排出量は、観光産業における全排出量の8%を占めています

 

旅を楽しみながらCO²排出量を削減する方法の一つとして、人力で旅をする方法があります。つまり、エンジンの力に頼らず自分の力で移動するのです。例えば62°NORDでは、ゲストは同社の施設間の移動に自転車やヨットを用いることができます。ノルウェーの美しい大自然をCO²排出ゼロに近い状態で楽しめるというわけです。同社は他にもハイキングやカヤック、冬にはスキーなど、人力を使ったアクティビティを提供しています。オーレスンのような場所なら、誰もが外に出て自然を満喫したくなるに違いありません。これらのアクティビティは他にも、創造性を刺激し、健康を増進し、体力をアップさせるという利点があります。

 

フード

 

サステナブル・トラベル・インターナショナルの調査によると、食料生産は世界の温室効果ガス排出量の約25%を占めます。その大部分が輸入によるものです。

 

62°NORDでは、食品関連の排出量を削減するため、すべての施設で地元産の食材を提供しています。62°NORDの最も有名なレストランの一つ、Hotel Brosundet内のApotekergata nº5では、シェフたちが「トポグラフィックメニュー」を考案しました。同メニューでは、その地域で栽培されたものか、捕まえたものを食材として使います。実際、料理長は自分で肉を狩ってくることもあるそうです。これこそ本物です。

 

 

宿泊施設

 

宿泊施設もまた、CO²を排出する要因です。短い滞在日数だと、ホテルにとっては次の宿泊客のために寝具を洗い、乾燥させ、部屋を掃除する回数が増えます。これらの作業はすべてエネルギーを必要とするため、CO²排出量は増加します。

 

62°NORDは自社プログラムにおけるCO²排出量をすべて計算し、長めの旅行プランを作ることでそれを相殺しています。また、地元の企業やガイドと協力して、ゲストが長時間楽しめるような、エキサイティングな体験を各種取り揃えています。オーレスンとその周辺地域での滞在時間が長ければ長いほど、思い出に残る体験は積もり、地球への影響は少なくなります。良いこと尽くしです。

 

交通手段

 

旅には移動が欠かせません。ですが、旅は通常、環境にかなりの負荷を与えます。実際、2005年から2016年にかけて、観光業における交通関連の排出量は60%以上増加しています

 

62°NORDは、ゼロエミッションの旅に取り組む世界大手数社と産業レベルのパートナーシップを組んでいます。また、62°NORDの兄弟会社は海運、航空、自動車の各業界に水素燃料電池を提供しています。そのため、将来はノルウェー以外を旅行先に選んでも地球環境にやさしい旅が実現できるかもしれません。

 

 

今やっていることが明日につながる

 

このように、62°NORDはサステナブルな旅の体験を提供できるよう懸命に努めています。しかし、レスポンシブル・ツーリズムを手掛けているのは62°NORDだけではありません。世界的にみても、旅行とCO²排出量削減を組み合わせたプランを提案する企業は増えています。例えばKynderは、世界で最も環境に優しいホテルや飲食店の完全ガイドを提供しています。またIntrepidTravelは、カーボンオフセット(CO²排出量の相殺)が可能なスローでサステナブルな旅行プランを用意しています。

 

観光業界では、ネットゼロエミッション(温室効果ガス排出量の実質ゼロ化)に向けた取り組みを始める企業が日に日に増えています。先行きは明るいですが、それでも私たち旅行者には果たすべき役割があります。より環境に優しい旅を選ぶこと。旅の目的地に長く滞在すること。旅の最適な手段を選ぶこと。そして、他の人にも同じようにしてもらえば、その効果は倍増します。

 

 私たちの旅がネットゼロになるまでには、まだ長い道のりがあります。冒険にはぜひとも繰り出したいものです。ただ、その際は環境への配慮も忘れないでおきましょう。

 

Cloudawayでエコな旅を

Cloudaway
サステナブルなトラベルギアをお探しの方にはCloudawayがお奨めです。超軽量なアッパーのメッシュにはリサイクル素材を90%使用。ヴィーガンレザー製のマッドガードが保護性を高めます。ライニングには100%リサイクル素材を使用し、柔らかな履き心地を提供。旅を楽しみながら地球を守ることができるシューズです。
シューズを見る

Onのニュースレターに登録して、あなたのランニングにもっとインスピレーションを!


ニュースレターの購読にご登録いただくことにより、 Onのプライバシーポリシーに同意したものとみなされます。